FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

『ペット対応』 に、ご注意

2015年 11月15日 11:59 (日)

我が家は 『ペット対応住宅』 として建築し、住宅メーカーのご意向により大々的に内見会を開き大盛況だったのです。

ワンズが滑らないようにと、床はペット対応のタイルカタログから選び、これでワンズも滑らず大運動会が出来るとニヤリ…(笑)

確かに最初は滑らなかったのです。
でも年々滑るようになり 、せっかくのタイルにはカーペットやマットを敷くようになり、何だかな~な日々。

それで昨年、ペットに無害な滑り止めワックスを購入しLDK全面に施工。

これがまた、我が家のタイルと相性が良くなく、短期間で少しづつ剥がれ水玉模様みたいになるのですよ
それでもワンズが滑ることはないので、定期的に剥離剤で剥がし、またワックスを4度塗りすると言う気の遠くなるような作業を繰り返している訳です(笑)

何より大事なのは、ワンズが滑らないこと
割り切って、こう言い聞かせて作業に励んでいます。



『ペット対応』


これが、なかなかくせ者なのです。

ペット対応には二つの意味があると気付きました。

①人間の立場で言うペット対応
②ペットの立場で言うペット対応

人間の立場から言えば、ペットの爪で床をキズ付けられたくない、汚れを拭き取り易い、消臭作用のある素材etc…

ペットの立場から言えば、床が滑らない、クッション性がある、アレルゲン素材を使用していないetc…

だから、ペット対応と明記してある素材であっても、それがペットに優しいとは限らないと言うことです。

我が家は正にそれ。
タイルはワンズが4頭で大運動会をしても、キズ一つ付きません・笑 (確かにペット対応!!)


いろいろ探しましたが、室内用タイルの滑り止めで、ペットに無害なお品が見つかりません。
かと言って、床を張り直す工事をする勇気もまだ出ません。

せっせと定期的に、剥離とワックス塗りを繰り返す私です(笑)



リフォームや新築をお考えの方は、良く良く確認してから素材を選んで下さい。

表面がザラザラしたタイルもあります。
こちらは、多少拭き掃除が大変かも知れませんが、良いことを二つ望むのは難しいかも知れません。






DSC_0414.jpg

本日も部分的に剥離、ワックス塗り作業中~



私へ…
お疲れさま~(笑)


コメントの投稿

非公開コメント