FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

足裏洗浄

2015年 11月10日 09:44 (火)

ウィペットとダックスを飼っていますが、ウィペットは体臭が少ない犬種の代表格、そしてダックスは個体によっては割合い体臭のする犬種です。

体臭のある犬種の中でも、原種や原種に近い毛色の子は特に臭いが強めなんだそうです。

ダックス達は臭って来たら当然シャンプーしますが、ウィペット達はいつシャンプーしたっけ?なぐらい臭わない(笑)
唯一、足裏だけが臭うぐらいですかね~
一番、雑菌が着きやすい場所ですから…

ただ、その足裏の臭いが毛布やマット、ベッドに着きやすいと言う難点が…(^^;)


この夏、1頭が脂漏性皮膚炎を起こしました。
皮膚細菌が増殖して、まばらではありますが脱毛しました。
抗生剤と薬用シャンプーでの治療。
獣医さん曰く、抗生剤よりシャンプーの方が効果が大きいかも…と。

その時気付いたんですが、普通のシャンプーで洗ってた時、ちゃんと洗ったつもりでも足裏の臭いだけは完全に落ちていなかったような…

それが薬用シャンプーで洗うと、スッキリ爽やか完璧に臭いが落ちてる

それに気付いて以来、ウィペット達は頻繁なシャンプーが必要ないので、シャンプーとシャンプーの間に薬用シャンプーで足裏だけ洗うようにしています。

皮膚炎ではないので長く浸け置く必要はなく、スポンジで泡立てて足裏と指の間を洗い、1~2分置いてから洗い流すだけです。
ホント、気持ち良いぐらい完璧に臭いが落ちます。

それと、皮膚に問題がなくても季節に1回(3~4ヶ月に1回)ぐらいは全頭薬用シャンプーで洗うようにしています。
皮膚には元々 『常在菌』 と言われる細菌がいるのですが、ストレスや免疫力が落ちた時、過湿が続いた時などに一気に増殖し、皮膚炎を起こすことがあるそうです。(繰り返し発症する場合は、免疫疾患の可能性も有り)

予防と言う意味と皮膚を健やかに保つと言う意味で、定期的な薬用シャンプー浴は有効だと思います。

最近では、獣医師専売的なものもネットで売られていますが、効能が特定の皮膚病と言うタイプは素人判断では安易には使わない方が良いかも知れません。


予防にも可…動物用医薬部外品

主に治療…動物用医薬品



ですから、予防や皮膚を健康に保つために使うなら、動物用医薬部外品
皮膚炎や皮膚病を発症していて、治療のために使うなら、動物用医薬品

これがベストだと思います。
獣医さんでも勿論、医薬部外品のタイプが売られていますし治療として処方もされますから薬浴には十分な成分です。





DSC_0401.jpg

向かって右の 『マラセブ』 は動物用医薬品のカテゴリー。
夏に皮膚炎を起こした子の治療に使っていたものです。

向かって左の 『酢酸クロルヘキシジン』 は、動物用医薬部外品のカテゴリー。
季節毎の予防としてのシャンプーや、足裏シャンプーにはこちらを使っています。
有名な 『ノルバサン』 は、こちらのカテゴリーです。

マラセブにも酢酸クロルヘキシジンは含まれています。
この成分が、殺菌や消臭をしてくれるようです。







DSC_0400.jpg

足先だけお湯で良く濡らし、柔らかいスポンジで良く泡立ててから丁寧に指の間を洗って下さい。
ほんの1~2分浸け置きし、良くすすいで下さい。

これで終了です
普通のシャンプーで2度・3度と洗うより簡単です。






薬用シャンプーは極力、犬が舐めたり、目に入ったりしないように注意してお使い下さい。


コメントの投稿

非公開コメント

タイムリーな話題

2015年11月11日 09:46

マーヤも秋口からフケが出てそこが剥げてしまうようになってしまい、
膿皮症ではないかということでした。細菌感染なので今までは軽い散歩後は
拭くだけだった足を、いつもきっちり洗って、その後除菌効果のあるフォームで
拭くようにしました。
秋から冬にアルカリ尿、下痢、皮膚トラブルが続くのは、すべて細菌感染が怪しい
ので、まずはボディ、足を除菌して保湿、食生活も見直しています。
二か月奮闘してすこ~し産毛が生えてきたかなって感じです。

マーヤの乳母さんへ

2015年11月11日 10:05

こんにちは(*^^*)
皮膚の常在菌が何らかの要因で増殖するのと、散歩で足の裏や被毛に着く雑菌はちょっと種類が違うように思います。
犬舎の子達は散歩の後に足裏を拭くなんて事はまずありませんが、細菌性の皮膚疾患等は起こした事がありません。
神経質になって無菌状態で育てると抵抗力がなくなって、反ってちょっとの事で下痢を起こしたりするようになりますよ(笑)
家の1頭が皮膚炎を起こしたのは、事情があってしばらく他所に預けたストレスだったようで、外部細菌の影響ではありません。