FC2ブログ

10月 « 2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

別れ…

2019年 06月20日 08:10 (木)

2019・6・20(Thu)

2019・6・17 タイガーが天国へと旅立ちました。

悪性リンパ腫が再発し、抗がん剤の効きが悪くなった頃から、お盆を迎えられるかな…と思っていたのですが、予想より遙かに早い別れとなってしまいました。

リンパ腫そのものではなく、強い副作用が出てしまい急変したのです。

しばらくブログを更新していなかったので、経緯を書くと長くなりますが、お付き合い下さい。



5月上旬 再発 腫瘍が消えたかと思うと別の場所に出現。
抗がん剤の効きも悪くなり始める…

6月12日(水) 白血球の数値が低い上に熱もあり、予定していた抗がん剤を投与出来ず、点滴のみで帰宅。
予定していた抗がん剤は、2日後の金曜に延期。

6月14日(金) 白血球の数値が少し上がって来ていましたが、予定の抗がん剤を投与するには躊躇する数値だったので、白血球の低下が少ない緩めの抗がん剤を投与。

夕方帰宅したタイガーは食欲も旺盛、運動場にも飛び出して行く…

6月15日(土) 朝、運動場に出そうと思って部屋のゲートを開けても出ようとしない。
何となく足取りもフラついている感じ…
胸全面の皮膚が赤い…
朝ご飯には口を付けない。

しばらくして、大量嘔吐。
更に下痢をして、その後はまるで胆汁のような黄色くて透明な液体がお尻から…数分に一度…止まらない…
それが3~4時間も続き、これは治まるのかどうか???

抱き上げようとすると痛いらしく、噛みつこうとする…
幸い土曜で長女が居たので、マットに乗せ身体に直接触れないようにして病院へ…

予約なしだったけど、急変だと言ってすぐに通してもらい検査。

急性膵炎と敗血症を起こしていました。
膵炎の影響で、白血球は今まで見たことのないほどの低い数値になっていました。

たった一晩で、です。

即、入院。

6月16日(日) 面会。 胸の赤みは赤紫色に変わって来ていましたが、意識はハッキリしていて呼吸も穏やか…

6月17日(月) 仕事に行く前に面会に行こうと予定していたのですが、何と朝になってすずらんの顔が腫れている…
すずらんも車に乗せて病院へ…

院長より、タイガーの血小板が減少しているため輸血をした方が良いと言われ、我が家のウィペットで輸血の出来る子は居ないかと打診され、すずらんの診察が終わると一度家に戻り、トラッカーとジョニ男を連れ、再度病院へ…

タイガーの血液とのマッチングテストで、2頭ともマッチしたので若い方のジョニ男から輸血することに…

採血を終え帰宅してしばらくすると、病院から電話…
ジョニ男の血液では状態が良い方向へ向かわないので、トラッカーの血液で試してみたいと…
(マッチングテストでマッチしても、実際に輸血してみると効果が上がらない場合もあるそうです)

急いで家のワンズの世話をして、トラッカーを車に乗せ出発しようとした正にその時、病院から呼吸停止の知らせを受けました。
その電話の間も、心臓マッサージを続けてくれていた先生方。

でも病院まで片道70km、高速を使って1時間…

生きてるタイガーにはもう会えないと覚悟しました。

病院に着いたとき、まだモニターに繋がれ先生が心臓マッサージを続けてくれていたので、生きているみたいに身体が温かったです。


あっけなかった。
あっという間でした。

家で介護らしい介護もしないまま、入院からたった2日で逝ってしまいました。





タイガー、癌との闘い、お疲れ様…

血を分けてくれたジョニ男も、お疲れ様…

2回も病院に行ってくれたトラッカーも、お疲れ様…

皆で頑張りました。








DSC00612.jpg

Jap & Int Ch  BARNESMORE TIGER STRIKE      
2009・5・5 ー 2019・6・17


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

安らかに。

2019年06月20日 10:03

本当に本当にお疲れさまでした。

ウォブラー症候群を克服し、リンパ腫も寛解し
良い状態が長く続きますようにと願っていましたが
早すぎるお別れがとても残念です。。。
タイガーが来日するときに、すごい犬が来ると話題になっていたのを思い出します。
マーヤの明朗快活な性格はきっとタイガーパパからもらったもの、
タイガーやレティの分まで長生きさせなければと思いました。
ありがとうタイガー、ゆっくり休んでね。

合掌

2019年06月20日 11:13

タイガーちゃん、本当に本当に最後の最後迄、頑張ってくれました。辛いなかでも、タイガーちゃんはいつも前向きで、その懸命に生きようとしてくれる姿で、また周りが勇気付けられました。タイガーちゃんの姿がみれなくなるのは、本当に寂しいですが、ようやく痛みから解放されて、天国でレティちゃん達と走ってますね。本当にお疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

マーヤの乳母さま

2019年06月21日 08:51

ありがとうございます。
昨日はゴっちゃんの命日でした。
僅か1年の間に3頭もの愛犬を見送ることになるとは…
こんな事は、後にも先にも2度と経験しないことだろうと思います。
イギリスからやって来た痩せっぽっちの男の子が、みるみる内に立派になって、CHになり素晴らしい子孫も残してくれました。
マーヤを始め、タイガーの子供達がこの先長く健やかでありますように…

ikukoさま

2019年06月21日 08:58

ありがとうございます。
もう少し一緒に居られると思っていたので、とても残念です。
確かに前向きな子でした。
ウォブラー症候群の手術後も、立ち上がろうと本当にもがきました。
諦めなかった本人の気力勝ちだったように思います。
今月9日、新潟のショーでくうちゃんのブリーダーさんと久しぶりにお会いし、タイガーの近況を離したばかりでした。
本当に残念です。

2019年06月27日 23:14

昨日、タイガー君が天国に旅立った事を知りました。病気と戦って頑張ってるのを知り回復を祈ってましたが、無念です。イギリスから単身日本に来て、数々の栄光や、波乱万丈の人生だったと思いますが何より温かい家族に愛された事がタイガー君にとって一番幸せな事だったと思います。又たくさんの子孫を残し、その子孫たちが、その家族を幸せにしてくれています。天国では、思い切りそのスピードで思う存分駆け回ってください、ご冥福をお祈りいたします。マーティンの祖父

マエジマさま

2019年06月28日 06:12

ありがとうございます。
一人で飛行機に乗って遠い国にやって来たタイガー。
生涯の三分の二は犬舎で、残り三分の一を我が家で過ごしました。
ショードッグとしてしてのタイガー、家庭犬としてのタイガー、どちらのタイガーも素晴らしい愛犬でした。
子供達が大事にされ、健やかに過ごしてくれている事に安心しています。
可愛いマーティン、幸せが長く長く続きますように…

No title

2019年07月01日 03:18

タイガーちゃん よく 頑張りましたね。
ご冥福を お祈りします。

ごんのすけさま

2019年07月02日 09:35

ありがとうございました。
半年ほどの抗がん剤治療でしたが、後半に食欲が少し落ちることはありましたが、すぐに回復…
長く苦しむことはなかったので、それだけは良かったと思っています。