FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

『ケージに入れられ…』 という言葉

2018年 10月11日 12:32 (木)

2018・10・11(Thu)

近年のブリーダー崩壊、飼育放棄などの新聞記事で目にする 『犬達はケージに入れられ…』 という言葉…
今日の地元新聞にも、この類の記事が出ていました。


車での移動や留守番時、ケージに入れることほど安全な事はなく、我が家でも車での移動時は必ずケージ、留守番時もサークルやケージに入れています。

それが、愛犬の安全を確保し、危険を極力回避する方法だと思っています。

災害時・緊急時・入院時など、大人しくケージに入っていられないと状況は大きく変わります。

それには日頃から、ケージに入る事に慣れさせておかないといけません。


我が家で以前、10歳にもなってある日突然、電気コードを噛んだ子がいました。
今まで危ない事をしなかったから大丈夫などとは、通用しません。
好奇心旺盛なペット達は、ある日突然何かに興味を惹かれてしまいます。


ブリーダー崩壊・飼育放棄などの記事で必ずと言って良いほど目にする 『ケージに入れられ…』 という言葉。
安全を考えてのケージ使用と、上記のような悪い意味でのケージ使用…
ケージに入れること自体が、まるで虐待のように受け取られ兼ねない…

この様なケースでこの言葉を目にするたびに、ケージ使用が悪い事だと言われてるようで残念な気持ちになる。







過去ブログはこちら ↓ ↓ ↓
**ウィペットシンドローム**
★こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~★




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  
ランキングに参加しています!!!
ポチっと一票お願い致します(*^_^*)

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村







コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年10月15日 09:20

常々私もなぜみんながケージに入れるのはかわいそうと思うのかわかりません。
犬は狭くて暗い穴倉のようなところが落ち着く動物ですから、自分の個室を持つことは安心できてとてもいいのに。

叱られて逃げ込んだり、一人でゆっくり寝たかったり、知らない人が来たり、長い留守番があったり、そんなときに落ち着いていられるふかふかであたたかい個室。

広い空間でたった一人ぽつんと長時間留守番することのほうがたくさんの注意力を要求されてかわいそうです。

我が家の犬たちも代々個室を提供、ちょっと行ってくるね、頼んだよ~の一言でささっと個室に引き上げます。
ひどいいたずらや誤食も全くなしで双方ご機嫌です(^^♪

マーヤの乳母さま

2018年10月15日 09:42

おはようございます。
おっしゃる通りです。
本来、犬と言う生き物は、上からの攻撃を避けるために穴を掘って巣造りをしました。
上からの攻撃を回避出来るだけでも、子犬も親犬も安心・安眠を得られるのですよね。
室内だって、人間の目線では分からない危険が潜んでいますから、時と場合でケージに入れることは愛犬のためだと思っています。

初めまして

2018年10月26日 10:31

初めての犬がウィペットの北海道在住49歳です。
幼少に野良犬で怖い思いをした世代ですので、ずっと犬は苦手でした。
運動不足対策に散歩相手でも、と思い、体臭が無く吠えない犬を検索したらウィペットが出てきたのです!
ブリーダーに里帰り合宿して昨年チャンピオンになれました。
ケージの大切さはブリーダーに教わっていましたので、
パピーの頃はサークルの中にケージを入れて、そこで毎晩寝せていました。留守番も同様です。
3才の現在では、どのペットホテルに預けても「こんな扱いやすいウィペット初めて」とお褒めを貰います。
天災等の避難を迫られる出来事が近年頻発しています。
ケージが落ち着く場所である事の重要性がもっと認識されると良いなと思います。

出水さま

2018年10月27日 10:08

こんにちは。
私も数年前まではウィペットのブリーディングを行っておりましたので、子犬を迎えて下さるオーナー様方には小さい内から車での移動時にはケージに入れるようにアドバイスして来ました。
車での移動は一番危険が伴います。
こちらが気を付けていても、急ブレーキを踏まなくてはいけない状況になったり、追突されたり…
室内では、流石に留守にする場合は部屋に出しっ放しとはいきません。
『可哀想』『窮屈そう』を優先される方々もいらっしゃいますが、何か起こってからで手遅れです。
『ケージに入れると吠え続ける』と言われる方もいらっしゃいますが、そこは工夫して頂きたいと思います。
いきなり閉じ込めるのではなく、ご飯をケージ内で与えるとか、おもちゃをケージ内に隠してみるとか、最初は扉を閉めずに遊び感覚で抵抗感をなくしてあげれば上手く行く場合がほとんどです。
安全のために、飼い主側も努力と工夫が必要だと思います。
賛同のコメント、ありがとうございました。