FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

薬のお話~整腸~

2019年 01月08日 06:46 (火)

2019・1・8(Tue)


下痢・軟便の原因が、特に病気ではなくフードが合わない・腸内環境が悪いってだけのことも多いのですが…
食物アレルギーを起こしている場合も多いです。


腸内環境が悪い=悪玉菌が増殖

悪玉菌が増える原因は様々ですが、ストレスや食事内容(油分が多い食事など)etc…

繊維質が足りない時も軟便になったりします。

最近は整腸作用のあるサプリメントも沢山出ていて、病院に行かないでも改善出来る場合もあります。
人間用のビオフェルミンSとか、我が家は以前 『強力わかもと』 が良く効いたこともありました。

でも、なかなか改善しない場合は、やはり抗生剤で悪玉菌を退治しないといけない事もあります。
この時、抗生剤だけ投与すると善玉菌も死んでしまうので、抗生剤+整腸剤をセットで投与します。

ただし、通常の整腸剤では抗生剤に負けてしまうので、抗生剤で悪玉菌を退治しつつ、耐抗生剤の整腸剤で善玉菌を増やす…を同時にやらなければいけないのです。

ビオフェルミンR
こちらは、抗生剤に耐性を持つ整腸剤です。

ビオフェルミンSが医薬部外品に対し、ビオフェルミンRは医薬品なので病院での処方になります。

軟便が良くならない時には、やはり病院に行きましょう

病院によって、抗生剤+整腸剤の種類は様々ですが、フラジール+ビオフェルミンRの組み合わせが良く効くことが多いですが、ジョニ男にはオフロキサシン+ビオイムバスターの組み合わせが良く効くのです。
体質によって効果にも違いがあって…

整腸作用のサプリメントは、一旦腸内環境を良くしてから与えた方が良いと、私は思うのです。

ワンコの健康は腸内環境と信じて疑わない 『💩フェチ』 な私…(笑)
イイ💩をしてくれないと気分が


怖いのは、下痢を繰り返すリンパ球形質細胞性腸炎(IBD)などの慢性腸炎です。
こちらは完治のない腸炎で、内視鏡検査(組織検査)をしないと判定できないです。
最近では、ウィペットにも発症例が増えて来ています。
これを発症すると、抗生剤+整腸剤に加え、ステロイド投与が重要になって来ます。

たかが軟便、されど軟便…




コメントの投稿

非公開コメント

No title

2019年01月08日 22:57

そうですね。うんちを拾うとき、大きくて元気なのだと嬉しくなります。出なければ心配。下痢だと心配。うんちは健康のバロメーター。

Jr.mamaさま

2019年01月10日 06:54

おはようございます。
そうですよね…
軟便や下痢が病気の初期症状ってことも少なくありませんから…
毎日、毎日、チェック、チェックです!