03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

主治医と大学病院

2018年 03月04日 08:38 (日)

2018・3・4(Sun)

昨日はゴッドマンとタイガーの診察日でした。

地元の主治医はとても勉強熱心で、自身の病院を既に開業していらっしゃいますが、時間を見つけては日本獣医生命科学大学へ勉強に行かれています。
確か、腫瘍科で学ばれていると聞きました。
ご自身の病院では院長ですが、日獣に行けば研修医となるわけです。

リンリンがウォブラー症候群で四肢不全麻痺を起こした際、日獣を紹介して頂き運良くすぐに手術を受けられました。

そんな経緯もあり、今回の低温やけどの件も院長先生に報告が来てるかな?と、聞いてみると、全く連絡が来ていなかったらしく寝耳に水…

院長先生、すごくショックを受けられていました。

沢山、お話しました。

全身麻酔だと、大概は低体温になると言うこと。
大学病院は入院室がとても広く、CT室が別棟にあったりするので移動中に更に体温が下がってしまう可能性があること。
その点、個人病院は検査室や手術室と入院室が近いため、保温や対処が早く出来ること。

ご自身が日獣を紹介したことを詫びるようなことを言われましたが、あの手術が受けられなければリンリンは2度と歩くことは出来なかったのですから、それとこれとは別の問題です。

日獣を擁護するようなことは一切言われませんでしたし、その場からすぐに日獣のお知り合いにメールを打たれて、探りを入れていらっしゃいました。

『私のところでは今までに低温やけどを起こしたことはないですが、これからはもっと注意します』

日常的に診て頂いてる先生が、この先生で良かったな…
そう思える言葉でした。

私は少し気が晴れました。




コメントの投稿

非公開コメント

2018年03月04日 21:01

わんこ達にとっても、飼い主にとっても医者との出会いは、人間に医者と同様に、重要な所ですよね。我が家も
六華が近所のクリニックで健康診断を受けた際に、大変な病気を疑われ、本当にあの時は、ショックで・・・・でも
私自身納得できず、セカンドオピニオンで他のクリニックに。そこで言わられた診断により、全身麻酔で受けなければ検査も
せずに済みました。経過観察という事で、今も元気です。もし、そのまま、その医者の言うようにしていたら・・・
考えただけでもゾッとします。
かかりつけの先生が、よい先生で本当に良かったですね。

2018年03月05日 01:25

こんばんは(#^^#)
地元の獣医さんは最低限の検査しかされませんし、飼い主から聞いた症状や触診である程度は疑わしいものを絞ってから検査されます。
今回の件が、自身の病院で起こったことではないですが、今以上に気を付けようという姿勢にも先生の人柄が現れていますので安心して受診出来る病院だと再認識しました。
六華ちゃんも経過観察程度で良かったですね(^^♪