FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

酷い状態…

2018年 02月28日 06:00 (水)

2018・2・28(Wed)

昨日、日本獣医生命科学大学へ行って来ました。

DSC_2205.jpg




以下は帰宅後、Facebookに投稿した記事です、


『今月始め、頚椎のヘルニア関係で検査入院したリンリン。
検査後、病院側の手落ちで低温やけどを負い、この2週間広がり続け、1度直接説明したいから来て欲しいと言うので、今日行って来ました。
何度か電話で連絡を受けていましたが『ごめんなさい』を言わない病院。
今日は文句の一つも言ってやろうと思っていましたが、余りの状態の酷さに絶句
文句すら出て来なかった。
態度によっては、連れ帰って地元で治療を…と思ってましたが断念。
首から上と前肢以外の、ぼぼ全身を白い布で覆われていたリンリン。
入院費・治療費は要らないと言うのだから、自分達の非を遠回しには認めているものの、私は一言『ごめんなさい』が聞きたい。
でも、それを先に言ってしまうと万が一訴えられた時に敗訴してしまうから言わないのだと聞いたことがある。
全身から怒りオーラを発していたのと、何を追及されるか…教授も研修医もオドオドしていた。
広がりが止まり、壊死した皮膚が剥がれないと縫合手術に進めない。
とにかく、早く元気にして返して欲しい


私の姿を見て、やっと迎えに来てくれたと喜んでいました。

低温やけどを発症してからどんどん広がって来ている様子を、画像で見せてもらいました。
ホントに酷かったです。

低体温になった時、マット型の電気あんかで温めていたのかと尋ねてみたところ、湯たんぽとドライヤーで温めたとのこと。
短時間で温めるための一般的な方法のようでしたが、友人からの情報では、過去にもイタグレで同じような医療事故があったそうです。(別の病院)

同じサイトハウンドでの、全く同じ事故…
短毛で毛の密度も薄く、皮膚も薄いからなのかも知れません。
サイトハウンドだけではなく、短毛種全般が危険。
長毛種では皮膚の変色の発見が遅れる可能性もあり、それはそれで危険。
これは、注意喚起しないといけません。

このような医療事故は、きちんと獣医師会に報告し学会等や獣医師専門誌等に掲載するなど、周知徹底しないと後を絶たないのではないかと思います。
個々の病院で対処していたのでは、被害犬が増えるばかり。


痛みで後ろの左足が着けず、研修中の学生さんにずっと支えられていたリンリン…
痛々しくて、ショックでショックで…

後ろ髪を引かれる思いで帰って来ました。

治ったとしても元通りの皮膚には到底戻れないでしょうが、大学病院ですので皮膚科専門医にも全力をあげて頂きたいと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

2018年02月28日 12:07

酷い、あまりに酷い。もの言えぬわんこ達こそ、きちんと管理してみていて欲しい所なのに。動物病院内では、私達飼い主が見えない所なので、色々あるとは聞いていましたが、(あとでわんこ達が、こうだった!って話せないから、実態が見えない所が怖い。)あるんですね。低温やけど。これがまた厄介ですね。じわじわと皮膚を破壊してしまうから。私は職場が皮膚科なので、老人が気付かず低温やけどで来院される事あります。深く浸透しちゃうから、治るまで時間がかかるって、Dr達も話しています。最後まできちんと治療をして頂きたいけど、なんだか、長期入院になるだろうから・・・
飼い主としてに気持ちは、ちゃんと言った方がいいかと思います。うやむやにされたら、たまらないし・・この患者は何も言わない!ってなると、医者も人間なので、対応変わりますからね。
1日早く治療が進み、退院できること、お祈りしています。

2018年03月01日 00:44

こんばんは(^^)
ありがとうございます。
故意ではないし、起こってしまった事は仕方がない…
でも人間は感情の動物なので、誠意を持って謝罪して頂ければ『宜しくお願いします』とも言えます。
大学病院ですので、獣医師達も雇われの身。
ペット関係の訴訟も多いのだと思いますから、大学の方針で簡単に謝ってはいけない事になっているのかも知れません。
確かに頸椎のヘルニアでは救って頂きました。
でも今回の場合、手落ちは明らかです。
担当医だけではなく、院長も出て来て謝るべきだと思います。
普通の生活に戻れるまで、長期戦になりそうです。

2018年03月01日 18:07

はじめまして

ひどい話ですね・・・・
謝罪がないなんて、病院ってそんな誠意のない対応をする所だったんだ。
リンリンちゃんがかわいそうでなりません。。。
治療に時間がかかるとのことですが
1日も早く、リンリンちゃんの皮膚が良くなるように祈っています

2018年03月01日 22:22

こんばんは(^^)
病院が全て誠意がないわけではないと思うのですが、何しろ大学病院なので裏事情があるのかも知れませんね…
でも許せないし、許してしまうと被害を被ったリンリンがただの苦しみ損になってしまうので、この件は生涯許さないことに決めました。
縫合手術も数ヶ所に及ぶでしょうから、きっと皮膚がつれた感じが残るのではないかと思います。
毎日、目に見えるので忘れることは出来ないですし悔しさをずっと引きずるような気がします。
とにかく早く連れて帰りたいです。

りんりんちゃん、早くおうちに帰れますように!

2018年03月03日 18:58

こちらのウィペットちゃんたちのファンでいつもこっそり読ませていただいてました!
今回、大学病院に預けていながらこのようなことがあるのだととてもショックをうけました。
うちにはIGがいますがもう亡くなった子で数年前に乳腺腫瘍で広範囲に切開、帰宅後キズから出血してしまい、日中いないこともあり週末まで1週弱入院させてもらうことにしたのですが、よく翌日、先生から電話があり帰りたがってるから迎えにきてあげて、ほら聞こえるかな?電話の向こうで遠吠え...゜゜(´O`)°゜
9年一緒に過ごしててはじめて遠吠えの声を聞きました。
慌ててすぐに仕事後、迎えにいきましたが、連れて帰ってきてすぐに原因がわかりました。
底網が痛かったんですよね...
赤くなっていてあの時はかわいそうなことをしたなと...レティちゃんの記事をよみおもいだしてました。(。>д<)
先生が電話をくれたので1週間も過ごさせずにすみましたが...
病院ってほんとそこまでは気づいてくれないのでしょうね...(;_;)
いつかウィペットと暮らしてみたいと思っております!
そのときはぜひ譲っていただきたいとおもっておりますが、もうブリーディングはされていないのでしょうか...
長文になってしまいすみません。
ご縁がありましたらよろしくお願いいたします!(о´∀`о)

2018年03月03日 21:37

こんばんは(#^^#)
他愛もないことを長々と綴っているブログなのに、見て頂いてありがとうございます(^^♪
大学病院は、手術などの高度医療、検査機器などは個人病院より優れていることは間違いないですが、落とし穴もあるようです。
それについては、また投稿したいと思います。
レティーの時の問題も覚えていて下さってありがとうございます。
病院によってはタオルすら敷いてくれない所もあります。
脂肪の少ないサイトハウンドにとって、それはとてつもない苦痛です。
友人は、自宅から毛布類を大量に持ち込んだことがあるそうです。
洗わなくて良いから、とにかくこれを敷いて!!って…
そういう事も必要ですね。
それを断る病院なら転院した方が良い…
犬種の特性も理解して頂かないと、おちおち入院もさせられないですよね((+_+))
早く元気になったリンリンをブログにアップしたいと思います。