05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

獣医さんのオモシロ講義 ~ワセリン編~

2018年 01月16日 08:49 (火)

2018・1・16(Tue)

前回に続き、獣医さんの講義で聞いたお話。

これは、ワンコだけじゃなく人間にも役立つかも知れません

キズは乾かさない

実はコレ、私は長年実践していました。
キズを乾燥させないようにしていると、早くキレイに治ります。

獣医さん曰く、皮膚トラブルやキズには、幹部にワセリンを塗り込むのが一番効果的だと仰っていました。

ガーゼを当てるのはダメ

ガーゼが、皮膚やキズの水分を全て吸い取ってしまうからだそうです。

昔テレビでもお医者さんが言ってました。
キズ口に軟膏や薬を塗って、ラップを当ててから包帯等で巻けば、キズ痕も残りにくく早く治ると…

それを覚えていたので、マーチンの介護の時には床擦れの治療に活かせました。
キズを乾燥させると皮膚が硬く縮み、くっつきにくくなります。
えぐれたまま、かさぶたになりポロっと取れたり…

ワンコなんて、その部分だけ毛が生えて来なくなったりしますよね

この乾かさない、ガーゼを当てない、と言う方法を手軽に出来るのがキズパワーパッドだそうです。
私も日常的に使っていますが、キズの治りが早い上に、皮膚がふっくらした状態でかさぶたにならずに治って行きます。
ワンコの場合、毛を剃らない限りはなかなかテープ類はくっつかないのでワセリンで乾燥を防ぐ

乾燥させずに治すには、ワセリン

お婆ちゃん達は、何かあるとすぐに 『馬油』 を塗れって言います。
そして、必ず馬油を常備してるんです(笑)

乾かさないって言う意味では、ワセリンと同じ効果なのだと思います。
流石、ばーちゃん



本日の日めくりカレンダー

DSC_2066.jpg




コメントの投稿

非公開コメント