FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

ホリスティックケア

2017年 10月14日 09:07 (土)

2017・10・14(Sat)

アレルギーの子、腸内環境が乱れやすい子、厄介な腸炎の子…
いろんな子を抱えています。

今も、改善のためにフードの見直しをしていたりしています。

最近は 『グレインフリー』 と言うタイプのフードも出て来ています。
その名の通り、穀物を一切使用していないフードです。

以前にも書きましたが、食物アレルギーのフードを与えていても、年月が流れると別の食物にアレルギー反応が出て、そのアレルギー食が合わなくなることも起こって来ます。

近年、米にアレルギーを起こす子が増えて来ているとのことです。

基本的にワンコは、穀物の消化が不得手です。
これは、ワンコは 『アミラーゼ』 と言う消化酵素を持ち合わせていないからです。

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎とは、少し原因が違ったりもするようです。
これは、痒がる場所が違うそうです。

耳や頭周り・目の周りを痒がる場合は、殆どが 『口から入る(吸い込む)』 ものが原因だそうです。
つまりは、食べ物・ホコリ・ダニ(布製品)・タバコの煙・花粉etc…

アトピー性皮膚炎の場合は、脇や内腿・お腹などに痒みが出るそうです。
重症になると全身に広がるのでしょうか?

フードが原因の場合はまだしも、ホコリやダニ(布製品)を完全に排除するのは厳しいです。
ハウスにベッドも置いてやれなくなるのです。
下手するとソファーの中綿までダメだそうで…

ですが、最近は良い薬が出ているようです。
ステロイドとはメカニズムが違い、痒みだけに効果を発揮する薬だそうです。
ステロイドも上手に使えば万能薬です。
でも、若い内から生涯ステロイドとお付き合いと言うのも出来れば避けたい。
その点、この痒みにだけ効果を発揮すると言う薬は、救世主かも知れませんね。

そんなこんなで、ちょっと勉強を始めてみることにしました。


DSC_1863.jpg

手作り食は、かなりの専門的・栄養学的知識が必要ですから否定派です。
それでも、この教本に興味があります。
何か良い情報が得られるかな~と期待

実は私、若干、通信講座オタク(笑)

日常的に忙しいので、ボチボチゆっくり勉強してみます。



コメントの投稿

非公開コメント