FC2ブログ

09月 « 2015年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

大ちゃん、椎間板ヘルニア

2015年 10月29日 20:54 (木)

前の記事の続きは一旦、横に置いといて…

昨日の夕方、仕事から帰っていつも通りにワンズを運動場へ…

大ちゃんは、とにかくボールが大好きで、早く投げてとワンワン催促するのですが、昨日は運動場へ勢い良く出ては行ったもののボールを追わない???

運動場の真ん中に、ただ突っ立っているだけ。

うん?

???

他の子達はそこそこ遊んだし、家に入れるのにドアを開けたのに大蔵だけ入って来ない…
ドアの手前にある段差の前で突っ立っている。
明らかにおかしい

迎えに行って家に入れても、お座りばかりしているし。

もしや?
ダックスに多いと言うアレ?

私の思い込みと言うか、想像していたのは、腰が抜けたようになって立てない・歩けない…と言うのが椎間板ヘルニアだと。
大蔵は立てるし歩けるし、でもおかしい。

ヘルニアじゃないにしても、ボールを追えないと言うのは普通じゃない。

時間はもう6時半。
念の為、遠くてもCTやMRI完備の病院の方が良いと思って、1時間ちょっとの道のりをひた走る。

すぐにレントゲンかと思いきや、先生は首の付け根から尻尾の付け根まで、順番に丁寧に背骨を触って行かれる。
ある部位で、大蔵が腰を落として座ろうとする。
ここだ
レントゲンを撮るまでもなく、はっきり部位が分かりました。

椎間板ヘルニア レベル1
外科的処置は必要なく、3日間の痛み止めの投与と要安静。
これだけです。
いたって軽度だったため、立てるし、歩けるし、と言うことだったんですね~

レベルにより、いろいろなんだな~
レベルによる違いの説明を受け、何でもかんでも手術すれば良いものではないと説明頂き、一安心

ただ、繰り返す子もいるそうなので、今後の生活の見直しも必要かも知れないです。

とにかく、椅子やソファーに飛び乗るタイプなので少々心配してたのですが、5歳と言うとそろそろ出て来る年齢らしいです。

病院に着くまで、私の動揺はヒドイもんでした(笑)
ワクチンアレルギー以外、病気らしい病気はした事がない…って言うか、下痢さえ過去に一度だけなんですから。




DSC_0375.jpg



DSC_0377.jpg

数日間はケージ生活ですが、薬の効果で痛みは和らいで来ているようです。








1445775937950.jpg

夕食の時間になると、いつもこの椅子に(笑)
もう飛び乗らないようにしないと…