FC2ブログ

06月 « 2015年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

レティー、大量出血!!

2015年 07月14日 15:56 (火)

去年から胆泥症で通院と投薬治療を続けているレティーですが…

6月下旬の血液検査で、胆泥症とは関係のない悪い数値がいくつも出てしまい、どこが悪いのか可能性のある病気を一つ一つ消去法で探っている最中です。
今の体力と血液検査での数値の悪さでは、麻酔をかけての検査はリスクが大き過ぎます。
麻酔が上手く代謝出来ない可能性があるんです。

鼻からも膿が少し出ていたり、胸水、貧血、低たんぱくetc…

今週は昼の犬出し当番なので、今日も昼に行って運動場へ出したら、鼻から出血!!
以前から膿に血が混じっている事もあったのですが、今回はほぼ血液。
10分経っても止まる気配はなく、レティーの前足は血で真っ赤。

病院に電話したら、止血剤を打たないとダメだとの事ですぐに犬舎を出発。
病院までは高速を使っても約1時間かかる。

病院に着いた頃にはバリケン内は血の海で、診察台の上もあっと言う間に血だらけで床にまでポタポタと落ちている…

すぐに止血剤を打ってもらいましたが、あまりに出血が酷いので夕方まで病院で預かるとのことでお願いして来ました。

途中、早くも病院から電話が入り、血液検査をしたら貧血も酷くなっているし2日ほど病院で様子を見るとのことでした。

病院に居た時までは気が張りつめていたからか?何ともなかったのですが、預かってもらい少しホッとした途端にヘナヘナになってしまいました(笑)

普段生活していて、大量の出血を目の当たりにすることって少ないと思います。

私は過去にも何度かあります。
全てワンコでの経験です。
一度は家の中が殺人現場みたいになりました
ワンコの場合、ジッとしてろって言ったって、どうしても動いてしまうので出血量は増えるし、止まりにくい

いつも私の両手は血で真っ赤!!
そんな経験って、あんまりないよね(笑)

ヘナヘナしても、普通の人よりは強くなってしまいました。



出来るだけ、寝たきりにはしたくない。
自分で立ち上がれないと気付いた途端に、表情から尊厳みたいなものが消え失せてしまいます。
動物って 「立てない=死」 と本能で感じるから、まるで全てを諦めたみたいな顔になる。
これが何とも寂しいのです。

何とか落ち着いて、犬舎に戻ってくれると良いのですが…


大量の血を見た後って、どっぷり疲れます
今日はもう、仕事になりません







007_20150714154607d0e.jpg

こんなに元気だったのにね