ウィペットでドッグショーを楽しんでいましたが、ある日…スムースダックスが仲間入り!! 異種交流する事になりました…

バナナベッド

またまた可愛いベッドを見つけてしまいました~(*^_^*)





14919002.jpg


勿論、画像のように小さいお二人が一緒に入れる事を想像して注文したのです♪





ところが、届いたベッドを皆の前に置いたら…






14919013.jpg

当たり前のように、何の警戒もなく、いの一番にベッドにイン!!

              




おいおい! リンさまぁ~(^_^;)







そして、リン様が水を飲みに行った隙に…

14919009.jpg

当然、貴方は入ると思ってましたよぉ~ すずっち!(笑)





もう、その後は取り合いです!!

誰か一人が入ると、必ず誰かが無理やり押し入って、窮屈そうに寝ています(笑)



14919004.jpg



14919011.jpg



14919014.jpg

お陰で細長かったバナナベッドは横に広がり、パイナップルみたいになってしまいました(笑)

          

                  
                     でも当たり!!




ネットで見ていた感じより実物は、長さがあるのでウィペット達もイイ具合いに入れました!!

私は何でも洗濯機で丸洗いしてしまうのですが…(笑)
昨日、丸洗いしましたが型崩れはしていません(*^_^*)

実は、このバナナベッドのシリーズに紫色のナスもあって、買うときにスゴく迷ったのですが…

なかなか良いベッドなので、その内にナスも登場するかも~(*^_^*)





すずらんに不可能はない?

狭い所が好きなのか?

それとも、他の子が入れる所は自分も入れると信じて疑わないのか?

すずちゃん、イモ虫ハウスに入ってしまいました!

いちごハウスは大きめだから、リンちゃんも入る事はありますが、流石にイモ虫ハウスは小さくて完全小型犬用…

なのに…






20140923090536db4.jpg

上手いこと入りましたねー♪

まあ、ここまでは…


しばらくして、びっくらこきました!!






2014092309083814d.jpg

     

          えぇ~!!

あまりにビックリして、画像がブレたわ~(笑)

だって、このトンネル、大蔵がギリギリ抜けれるほどしかないのに!!
確かに小顔なのは認めるけど…

チャンレンジャーだね~すずちゃん!!
普通はチャレンジしないか、途中で諦めると思うんだけど…(笑)





20140923091032354.jpg

とうとう前肢まで出て来たよ…
若干、ハウスが変形してるし…(^_^;)




で、どうやってこのイモ虫から抜け出すのかを観察していたのですが…

流石にこのトンネルでは体は抜けられないので、もがくだけもがいて、入口から出て来ました(笑)

「不思議ちゃん」の異名を持つすずらん…

不思議ちゃんは永久に不滅です!!






腸内環境

犬の腸内環境って、物凄く大事。

遡ること、すずらんが胃潰瘍になった時…
原因は食物アレルギーではないか?と言うことでカタはついたのですが…

胃潰瘍になるずっと前から、とにかく便臭が強かったすずらん。

気になって仕方がなくて整腸剤を投与したら、ほんの数日で便臭がピタッとなくなったのです。
それはそれで良かったのですが、それからしばらくして胃潰瘍に…

便臭が強かった原因は、食物アレルギーによる腸炎だったようです。

その時に、食物アレルギー以外で胃潰瘍になる原因として挙げられたのが『寄生虫』でした。
これも疑いが晴れるまで、しつこくしつこく何度も便検査をしました。

寄生虫って、その時の便や採取した便の部分によっては全く見つからない事も多いそうです。
私から見れば、とっても良いウンティなのに、獣医さんは『緩い』『まだ緩い』『まだまだ緩い』と、おっしゃるのです(^_^;)

外側が硬いように見えても、内側が少々緩かったり…

そして、その時に教えて頂いた話…

腸内環境の悪い状態が続くと、膵臓・肝臓にダメージが及ぶと言うこと。

その獣医さんは、腸と膵臓・肝臓はセットだとおっしゃいました。

結果、膵臓で消化酵素の分泌が悪くなったり、少なくなったりするそうです。

肝臓で消化酵素の分泌が悪くなると、便の色が茶色ではなくどんどん白っぽくなるそうです。(黄色や黄土色も含まれるのか?)

すずらんも、食物アレルギーと判明し療法食を始めたにもかかわらず、なかなか良いウンティにならず、一時はこの膵臓のダメージを疑われたのですが、試しに投薬してみようか!の直前にウンティが安定して来たので免れました(笑)

口臭の原因も、実は腸内環境が悪くなっている場合もあるそうです。

腸内環境が悪くなる原因は様々なようですが。
・食物アレルギーによる腸炎
・消化不良
・環境の変化や疲労
・他の疾患による影響
・フードが合わない etc…

腸内環境が悪い…
つまりは、悪玉菌が増殖していると言うことです。

栄養吸収が悪くなって、食べても太らないと言う場合も、悪玉菌の影響と言うことも。

また、消化不良を起こしている時は、独特な便臭がします。
臭いです!! 残り香が長く続くほど臭いです!!

ただ、食物アレルギーでの腸炎にしても、消化不良にしても、寄生虫の場合でも、酷い下痢をするとは限りません。
すずらんの腸炎も時も、我が家に来て環境の変化で消化不良を起こした侘助も、下痢らしい下痢はしなかったです。
下痢をしないから、病院にも行かないし、そのまま腸内環境が悪い状態を長くくすぶらせてしまう…

便臭が強いとか、ウンティをティッシュ等で取った時に、トイレシートにウンティの跡が付くのは 『良くない便』 です。

まあ、獣医さんにより…です。
そこまで便にこだわらない獣医さんもいるでしょうし、とことんこだわって原因を究明する獣医さんもいらっしゃいますし。

すずらんも可能性のあるものを、一つづつ消去法で原因を絞り込んで行きました。

私も途中から、ムキになって原因を突き止めてやる~って(笑)
お陰で、いろんな事を教えて頂きましたし、勉強になりました。

あれ以来、ウンティ・フェチみたいになってしまった私(爆)
色・形・臭いが気になれば、臭いを嗅いでみたり…

食糞ぐせのある子も、腸内環境に影響されている場合が多い…
『食糞』は、ちょっと恥ずかしくて、余り人には相談出来ない…
でも理由を知れば、意外にも恥ずかしい事ではないのです。

このお話はまたいずれ…


009.jpg

まだまだ赤ちゃんな侘助と、赤ちゃんみたいな大人なすずらんの、おもちゃの取り合い(笑)







口喧嘩!!

ボリュームを適度にして見て下さい♪









いつも、こうやって小競り合いを繰り広げている方々…

何を話しているんでしょうか?(笑)



そして、先のワクチンの記事ですが、いろんなアドバイスや指摘を頂きました。

8種以上のワクチンに入っている、 『レプトスピラ』 がアレルギーの原因になる事があるそうで、アレルギーを起こしやすい犬種の場合は、5種や6種を接種するとリスクは減るそうです。

我が家のアレルギーを起こした2頭は、どちらの子も6種接種でアレルギーが出たので、レプトスピラに関しては余り突っ込んで調べておりませんでした(^_^;)

大変、失礼致しました。

アドバイスやコメントを下さった方々、ありがとうございました。








本日、ドキドキ・ヒヤヒヤしながら、侘助を狂犬病予防接種に連れて行って来ました。


侘ちゃん、無事です!!(笑)


接種から8時間以上経過しましたが、お顔もイケメンなままですし、元気もあります(*^_^*)

大蔵の件から日が浅いので、本当にドキドキしました(笑)






3回打ちの意味

大蔵がまたしてもワクチンアレルギーを起こしたので、しつこくワクチンネタ(笑)

ウィペットのブリーディングをしている事もあり、おまけにワクチンアレルギーの子を2頭も抱えているので、ワクチンについて少々勉強致しました。

子犬時には何故ワクチンの3回打ちをするのか?についてのお話。

大蔵がある銘柄のワクチンにアレルギー反応を起こした事が分かり、再度ワクチンについていろいろ調べていたところ、かなり多くの飼い主さんが「何故3回も打たなくてはいけないの?」と言う疑問を書き込まれていました。

それに対するアンサーも、的外れなものがあったりと…(笑)

獣医さんも、次回はいつ頃接種に来て下さい…と言うだけで、質問されない限りは詳しい説明はされないと思います。



生まれたばかりの子犬は、母犬から抗体をもらっています。
これを「移行抗体」と言います。

移行抗体の有効期間は、45日前後~120日前後とのこと。
つまり、早い子では生後45日前後で抗体は効力を失くし、長い子では生後120前後まで抗体が有効な状態であると言うことになります。

1回目のワクチンは、45日前後で抗体が弱まる、もしくは失われていると仮定して接種します。

この時、もし移行抗体が強く効力を持っていたとしたら、子犬は自分で抗体を作れない(作る必要がない)ため、せっかく接種したワクチンは無効となります。



2回目のワクチンは、上記のように1回目のワクチンが無効になっていると仮定して接種します。

2回目のワクチン接種時に、まだ移行抗体が強く効力を持っていたとすれば、2回目のワクチンも無効と言うことになります。



3回目のワクチンは、上記のように2回目のワクチンが無効になっていると仮定して接種します。



1回目を生後50日ぐらいで接種すれば、2回目は生後80日ぐらい、3回目は生後110日ぐらい。

始めに書いた通り、移行抗体の有効期間は長い子でも120日前後だと言う事を踏まえると、3回目の接種時期が生後100日(105日以降がより良い)を過ぎでいれば、ほぼ3回目のワクチンは有効になっていると考えられます。

何故、子犬時にはワクチンを3回も打たなければならないのか?
それは、移行抗体の有効期間が、個体によって大きな差があるため接種時期を特定できない!!
こんな感じでしょうか…

例えば、体調不良等で2回目のワクチン接種が生後100日を超えてしまったのなら、3回目を打つ必要はないと言うことにもなります。

3種や5種・6種・8種・9種、最近は11腫もあるようですが、種類が多い、少ないと、ワクチンアレルギーは余り関係がないようです。

熱が出たり、グッタリしたり、軽くその病気に掛かったような状態になる事を「リアクション」と言います。
リアクションが起きるのとワクチンアレルギーは全く別です。

体力がない子に種類の少ないワクチンを勧める獣医さんがいたとしたら、多分リアクションの事を心配されているのだと思います。

リアクションに関しては、専門家の間ではリアクションが出るほどワクチンの効果が高いと言う事らしいですが…

ワクチンを培養するのに、主に牛の細胞等を使用している事が多く、牛アレルギーを持っている子はワクチンアレルギーを起こす確率が高いです。

あとは、アジュバンドにアレルギーを起こしている場合。

アジュバンドとは?
アジュバンドとは、抗原を免疫細胞に浸透させやすくするための補助剤です。
種類はいろいろあるようです。
不活化ワクチンの場合は、このアジュバンドが必須です。

犬のワクチンの多くは、生ワクチンと不活化ワクチンを混合しています。
ただ、生ワクチンと言っても毒性は弱めてあるそうです。
そうでないと、犬の場合は本当にその病気を発症する恐れがあるそうです。

不活化ワクチンは、文字通り死んで活動していない病原体から有効な部分だけを取り出したものです。
だからアジュバンドの力を借りないと効果を発揮出来ないのです。


アナフィラキシーショックは、ワクチン接種後10分前後~1時間以内に起こるのに対し、アレルギーの方は大蔵のように接種後5時間も経過してから出る事もあります。

接種後に顔を痒がる様子があれば、ムーンフェイスの前兆ですので、早めに受診出来る体勢を取っておいた方が良いです。
抗アレルギー剤の注射を打てば、数時間後には治まって行きます。

2~3回のワクチン接種で何事もなかったから、家の子はワクチンアレルギーはない…って思いがちですが、大蔵も狂犬病ワクチンを含め、6回目のワクチン接種の時に初めてアレルギー症状が出ました。

そんな子に無理してワクチンを打たなくても…
私がお付き合いのある獣医師の中で、ワクチンを打っていない子は手術出来ない!とおっしゃる先生がいます。
麻酔を掛けると体力は著しく低下するので、ワクチンを打っていない子は院内感染する恐れがある、と言う理由です。
ちょっと納得…してしまいました。

ワクチンアレルギーの場合、接種するのか、しないのか?
どっちのリスクを取るか?の問題ですし、それは飼い主さんが決める事ですね。

長々とお付き合い、ありがとうございました(*^_^*)

素人が調べて書いた記事ですので、内容に間違いがあれば、こっそり指摘して下さいませ…恥ずかしいので(笑)





大ちゃんが大変!!

昨日、大蔵はワクチンを打ちました。


ワクチンアレルギーなので、事前にアレルギー予防の注射を打ち、しばらく時間を置いてからワクチンを打ちます。
ここまでは、いつもと同じ。

5時間後、お顔がパンパンに腫れ上がってしまいました!!
瞼もパンパンになって、黒い出目金みたいに(^_^;)

いわゆる、ムーンフェイスです!

接種後、5時間近く様子を見ていたけど何事も起こらなかったので、買い物に出たのです。
私が出掛けた直後から異変が出始めたようで…
こんな時に限って携帯を家に忘れていて…(^_^;)

帰宅したら長女が玄関の外にまで走って来て

『携帯は? 大蔵の顔、パンパン!!!』

携帯の不携帯を怒られました(笑)

ここ3年はアレルギー症状が出なかったのですが、今回は何が違ったのか?

今回はいつもの遠くの病院ではなく、2月に新しく出来た近くの病院に行ったのです。
勿論、ワクチンアレルギーである事は事前に説明済みです。

病院が違ったので、接種したワクチンも違ったのです。

最初のアレルギーが出てからはずっと、アレルギー予防の注射を打った上で、KB社の『C』と言うワクチンを接種していました。

ただ今回は、病院が違ったのでF社の『V』と言うワクチンを打ったのです。

事前にアレルギー予防の注射さえ打てば、どのワクチンを打っても大丈夫なのだと思っていました。
しかし、銘柄によってはアレルギーが出てしまうと言う事が今回の件で判明しました。

日本の多くの動物病院で使われているワクチンは、
K社の『D』     F社の『V』     KB社の『C』

この中の1種だけを主に使われている病院もあれば、全種置いている病院もあります。

若干、強弱があったり、アジュバンドが違ったり、培養に使用している細胞(他の動物)が違ったり…

多分、大蔵はアジュバンドにアレルギー反応を起こしているのだと思います。


獣医さんは、それぞれに合う・合わないがあるとも言われていました。

これで、いくらアレルギー予防の前処置をしたとしても、KB社の『C』と言うワクチン以外は打たない方が良いと分かりました。。
まあ、だから安全だとは言い切れませんが。


1410836630696.jpg

最近、イイものを見つけた大蔵くん。。。

スポッと被せるタイプの枕カバーなのですが、私の洋服の中に潜れない時は…

枕とカバーの間に潜り込みます(笑)

余りにもぴったりフィットなので笑えます!!



結局、昨日は4本も注射を打たれた大蔵くんなのでありました~





ウィペットの耳

ウィペットの耳は完全な立ち耳でもなく、完全な垂れ耳でもなく、後方に折り畳むタイプ…
基本的には常に後方に折り畳んでいて、立てない方が良い。

ファミリーさんからの近況報告で、最近愛犬が良く耳を立てるようになったと…
もう10歳を超えてるファミリー。

ウィペットが耳を立てるのは、耳の付き位置が高い場合や付き位置の方向、どちらかと言えば肉厚な子は立ちやすい。
でも、立てる子は若い内から日常的に立てる事がほとんどです。

高齢になってから頻繁に立て始めるのは…
根拠やデータは何もないのですが、目が悪くなって来たり、耳が少々遠くなって来ているからではないか?と思うのです。
耳に全神経を集中させ、衰えて来た視覚・聴覚では不完全になってしまった情報収集を補おうとしているように思えます。

ただ、これがウィペットだったからそう思うのであって、完全な立ち耳の犬種や、完全な垂れ耳の犬種だったら、そういう変化に気が付くわけもなく…

呼んでも反応が鈍くなったとか、小さい物は目で追わなくなった等、他にも何かしら変化が出ていないか観察してみるのも良いかも知れません。

老化による聴力の衰えは仕方ありませんが、もし白内障なら…
数年前から、初期の白内障は点眼薬で治療出来るようになりました。
あくまで初期であれば…です。

この点眼薬は海外で人間用に研究・開発された薬ですが、日本ではまだ認可が下りていなく、数年前に動物薬として先行発売されました。

初期であれば、手術の負担やリスクが軽減されます。




L1000009.jpg

耳を立てるウィペットの典型的な見本、すずらん(笑)

天地がひっくり返ったら耳を立てるかも知れないけど、普通に考えて絶対に耳を立てる事のないダックスの大蔵(笑)

すずらんの耳は、そう肉厚でもない。
付き位置の方向が良くない(^_^;)

今回の記事にベストな見本です(笑)






Counter
~Since 2005~
Profile

chiaki

Author:chiaki
**英国からやって来たウィペット達とドッグショー**
そんな『ウィペットシンドローム』な私がスムースダックスと異種交流…
「こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~」ってね♪

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています!
ポチっと!一票お願い致します(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村

My web site
Link
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2942位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示