FC2ブログ

02月 « 2019年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

薬のお話~整腸~

2019年 01月08日 06:46 (火)

2019・1・8(Tue)


下痢・軟便の原因が、特に病気ではなくフードが合わない・腸内環境が悪いってだけのことも多いのですが…
食物アレルギーを起こしている場合も多いです。


腸内環境が悪い=悪玉菌が増殖

悪玉菌が増える原因は様々ですが、ストレスや食事内容(油分が多い食事など)etc…

繊維質が足りない時も軟便になったりします。

最近は整腸作用のあるサプリメントも沢山出ていて、病院に行かないでも改善出来る場合もあります。
人間用のビオフェルミンSとか、我が家は以前 『強力わかもと』 が良く効いたこともありました。

でも、なかなか改善しない場合は、やはり抗生剤で悪玉菌を退治しないといけない事もあります。
この時、抗生剤だけ投与すると善玉菌も死んでしまうので、抗生剤+整腸剤をセットで投与します。

ただし、通常の整腸剤では抗生剤に負けてしまうので、抗生剤で悪玉菌を退治しつつ、耐抗生剤の整腸剤で善玉菌を増やす…を同時にやらなければいけないのです。

ビオフェルミンR
こちらは、抗生剤に耐性を持つ整腸剤です。

ビオフェルミンSが医薬部外品に対し、ビオフェルミンRは医薬品なので病院での処方になります。

軟便が良くならない時には、やはり病院に行きましょう

病院によって、抗生剤+整腸剤の種類は様々ですが、フラジール+ビオフェルミンRの組み合わせが良く効くことが多いですが、ジョニ男にはオフロキサシン+ビオイムバスターの組み合わせが良く効くのです。
体質によって効果にも違いがあって…

整腸作用のサプリメントは、一旦腸内環境を良くしてから与えた方が良いと、私は思うのです。

ワンコの健康は腸内環境と信じて疑わない 『💩フェチ』 な私…(笑)
イイ💩をしてくれないと気分が


怖いのは、下痢を繰り返すリンパ球形質細胞性腸炎(IBD)などの慢性腸炎です。
こちらは完治のない腸炎で、内視鏡検査(組織検査)をしないと判定できないです。
最近では、ウィペットにも発症例が増えて来ています。
これを発症すると、抗生剤+整腸剤に加え、ステロイド投与が重要になって来ます。

たかが軟便、されど軟便…




ホームセンターのペット

2018年 12月08日 08:48 (土)

2018・12・8(Sat)

こちら地方で割合い大きなホームセンター、最近ペット用品の売り場面積を増やし生体販売とトリミングも始めました。

知人からその事を聞いて、見に行って来ました。

子犬・子猫・小鳥・ウサギ・ハムスター・熱帯魚

子犬の展示ケースは壁面に設置されているのではなく、4面360℃が透明なクリアケース。

これって、落ち着かないですよね

壁面なら、お客さんは正面から見るだけですが、クリアケースだといろんな方向にいろんな物が見えてしまいます。

ペット用品が充実するのは嬉しいです

多分、ペット用品の売り上げが良いのだと思います。
だから、売り上げの悪い商品の売り場面積を削減して、売れ筋に力を入れ始めたように思います。

生体を展示したことで、今までにないお客さんの数でした。




DSC_3094.jpg

プレミアフードも増えていました。








DSC_3095.jpg

準療法食も取り扱い開始。








DSC_3096.jpg

観賞魚用品・小動物用品も種類が豊富になりました。



ホームセンターや、ショッピングモールのペットショップ、いつも疑問に思うのです。

閉店の夜7時ころから、翌朝の営業開始時間まで、生後2ヶ月前後の子犬達は無人のホームセンターに置きっ放しなのでしょうか?

これは、ホームセンターに限りませんが…





『ケージに入れられ…』 という言葉

2018年 10月11日 12:32 (木)

2018・10・11(Thu)

近年のブリーダー崩壊、飼育放棄などの新聞記事で目にする 『犬達はケージに入れられ…』 という言葉…
今日の地元新聞にも、この類の記事が出ていました。


車での移動や留守番時、ケージに入れることほど安全な事はなく、我が家でも車での移動時は必ずケージ、留守番時もサークルやケージに入れています。

それが、愛犬の安全を確保し、危険を極力回避する方法だと思っています。

災害時・緊急時・入院時など、大人しくケージに入っていられないと状況は大きく変わります。

それには日頃から、ケージに入る事に慣れさせておかないといけません。


我が家で以前、10歳にもなってある日突然、電気コードを噛んだ子がいました。
今まで危ない事をしなかったから大丈夫などとは、通用しません。
好奇心旺盛なペット達は、ある日突然何かに興味を惹かれてしまいます。


ブリーダー崩壊・飼育放棄などの記事で必ずと言って良いほど目にする 『ケージに入れられ…』 という言葉。
安全を考えてのケージ使用と、上記のような悪い意味でのケージ使用…
ケージに入れること自体が、まるで虐待のように受け取られ兼ねない…

この様なケースでこの言葉を目にするたびに、ケージ使用が悪い事だと言われてるようで残念な気持ちになる。


カウントダウン

2018年 08月30日 09:12 (木)

2018・8・30(Thu)

ダリアと夢二が我が家で過ごすのも、残り10日を切りました

来月8日・9日、新潟でショーが開催されるので、そちらの会場でダリアをお返し、夢二を預けることになっています。

夢二はこの2ヶ月、ダラダラ・グテ~っと過ごしていたのに、いきなり8日・9日にショーに出るらしい(笑)

ハンドラーさんの顔を見れば、ピシっとキメてくれるのでしょうか(笑)




アイドルだったダリアちゃん…
男3頭、ダリアちゃんの隣を取り合い

で、こうなる…


DSC00682.jpg

夢二くんは出遅れ、隣をGET出来ず
出遅れた1頭だけ、ダリアの隣の隣になってしまうのです(笑)








DSC00701.jpg

これまた、上手いこと、黒・茶・黒・茶と縞々になりましたね~(笑)



でも、残念ながら…
ダリアちゃんは、トラッカーとジョニ男のことが好きらしいよぉ~


DSC_2808.jpg








DSC_2812.jpg

そりゃ~そうよ
イケメンだし優しいし、ボディガードには申し分ないマッチョだし~(笑)


残り僅か、みんな楽しんでね




生き物の寿命

2018年 06月24日 09:35 (日)

2018・6・24(Sun)

ゴっちゃん、10年と11ヶ月で生涯を閉じてしまいました。
先にも書きましたが、ウィペットにしては短い寿命です。

ゴっちゃんの父犬は12歳5ヶ月、母犬は10歳10ヶ月、両親共に早めの死でした。

老衰の場合なら、ウィペットは通常14歳~16歳ぐらいが寿命かと思いますが、ある獣医さんが老化ほど個体差の大きいものはない…と仰っていました。

それまでの生活環境や運動量、食生活やストレス度、遺伝、いろんなものが老化に影響しているのだと思います。

先日、動物病院で18歳のダックスに出会いました。
痩せている訳でもなく、表情もしっかりしていて、年齢を聞いて感心してしまいましたが、ゴっちゃんとは倍近くも寿命が違うことになります。

基本的に小型犬の方が長生きではありますが、人とは持ってる臓器も同じ、発症する病気だって共通のものは数えきれないほどあり、ペット医療も日々進歩していると言うのに、どうしてワンコの寿命はこうも短いのでしょうね…

10年なんて、あっと言う間でした。

我が家には小鳥もいますが、小型インコでも平均寿命は15年以上、大型インコになると30年以上です。
インコの場合は、大型の方が長生きなんです。

謎に包まれたいたカラスの寿命…
10年~15年なんだそうです。

数が増えすぎないようにと、生き物の寿命は短めなんでしょうか
自然の摂理なのでしょね…

たった10年11ヶ月の内の1年半も闘病して、入院は3度…
残念な気持ちは尽きないけれど、ここらでゆっくり休ませてあげる時期だった…と思うしかない…。

実はまだ体調が良かった時、老犬3頭を連れて旅行に行こうかと思っていたのです。
3頭とは、リンリン・ゴっちゃん・タイガー
問題を抱えていた3頭です。

いろんな景色を見せてやろうと思っていたのです。

タイミングが合わず、ゴっちゃんの状態は悪くなり、タイガーは歩行に難が出て、結局実現しませんでした。
これが、とっても心残りなのです。

もう1回最初から、ゴっちゃんを育てたいな~と思ったりして、赤ちゃんだった時の動画を見たりしてます。





ゴっちゃんは、どうしてもママの背中で眠りたかった…
まだ目も開いていない、生後数日目の動画です。
ゴっちゃんが余りにも可愛くて、11年近く経っても一番お気に入りの動画です
生まれながらの生粋の甘えん坊




不思議ちゃん、永遠…

2018年 06月02日 10:43 (土)

2018・6・2(Sat)

ウィペットを飼い始め、約20年…
犬舎の子も含めると、16~17頭のウィペットを見て来ましたが、その中でも一番の不思議ちゃん…

すずらんですが、面白いのですよ~

子犬の頃は、毎日家の中を探検、それも毎回初めて見るかのような素振りで…(笑)

あなた、毎日ここに居るでしょうが~って感じ。。。

相変わらず、面白いことやってます



IMG_0067.jpg








IMG_0079.jpg

大蔵のベッドをハウスから引きずり出して来て…
小型犬用ベッドに体が収まると思うのもスゴイけど、ホントに収めてしまうのもスゴイ(笑)









DSC_2384.jpg

で、ベッドを取り上げて大蔵のハウスに戻すと…
代わりに、いちごマットを折り曲げてご覧の通り…

本人なりに、物事を考えているんでしょうね~




昨日、退院予定だったタイガーは退院延期。
昨日、抗がん剤投与予定だったゴッドマンは肝臓の数値が悪く、点滴にてまず肝臓を落ち着かせてから抗がん剤投与と言う予定になり入院。

心配はまだまだ続きます。
入院によるストレスも心配ですが、状態が著しく悪いのですからプロ集団に看て頂き治療を続けることが最優先だと思いました。





この1週間

2018年 05月16日 05:00 (水)

2018・5・16(Wed)

いや~、この1週間、いろんな事がありました。

タイガーは、とうとう四肢麻痺が起き、完全な寝たきりとなってしまいました。
週末には手術です。
今回は大学病院ではなく地元で…

リンリンは、白血球の数値が低くなり先週金曜に予定していた3回目の抗がん剤投与は見送りとなりました。

ゴっちゃんは、1年半もIBDの治療を続けていましたが、食欲が落ち水も飲めなくなり、下痢・嘔吐。
膵臓も悪くなっていて、検査の結果は消化器型のリンパ種に移行したであろうとのことです。
金曜に診察を受けた際の血液検査では、少し膵臓の数値が悪くなっていただけだったのに、僅か4日でビックリするぐらいあらゆる数値が悪くなっていました。
これが、消化器型リンパ種の怖い所だそうです。

何しろ、水も拒否するので点滴が必要。
昨夜入院致しました。


一気に最悪の状態が押し寄せて来ました。







1526413853841.jpg

まだそんなには痩せていません。
体力が残っている内に入院治療に入れて良かったです。







IMG_20180511_215030_250.jpg

今年の母の日に送った花束
昨年はスプレーバラでしたが、今回はカーネーションで…
あとは、ミニリュックと和菓子を贈りました。




主治医と大学病院

2018年 03月04日 08:38 (日)

2018・3・4(Sun)

昨日はゴッドマンとタイガーの診察日でした。

地元の主治医はとても勉強熱心で、自身の病院を既に開業していらっしゃいますが、時間を見つけては日本獣医生命科学大学へ勉強に行かれています。
確か、腫瘍科で学ばれていると聞きました。
ご自身の病院では院長ですが、日獣に行けば研修医となるわけです。

リンリンがウォブラー症候群で四肢不全麻痺を起こした際、日獣を紹介して頂き運良くすぐに手術を受けられました。

そんな経緯もあり、今回の低温やけどの件も院長先生に報告が来てるかな?と、聞いてみると、全く連絡が来ていなかったらしく寝耳に水…

院長先生、すごくショックを受けられていました。

沢山、お話しました。

全身麻酔だと、大概は低体温になると言うこと。
大学病院は入院室がとても広く、CT室が別棟にあったりするので移動中に更に体温が下がってしまう可能性があること。
その点、個人病院は検査室や手術室と入院室が近いため、保温や対処が早く出来ること。

ご自身が日獣を紹介したことを詫びるようなことを言われましたが、あの手術が受けられなければリンリンは2度と歩くことは出来なかったのですから、それとこれとは別の問題です。

日獣を擁護するようなことは一切言われませんでしたし、その場からすぐに日獣のお知り合いにメールを打たれて、探りを入れていらっしゃいました。

『私のところでは今までに低温やけどを起こしたことはないですが、これからはもっと注意します』

日常的に診て頂いてる先生が、この先生で良かったな…
そう思える言葉でした。

私は少し気が晴れました。




無事、帰宅

2018年 02月06日 17:38 (火)

2018・2・6(Tue) No.1

心配していた雪道も難なく通過し、と言うより一番の豪雪地帯の除雪が完璧でスムーズでした。

今朝、娘からのラインで富山はすごい事になってると言うので、リンリンを大学病院に預け、付き添いのワンズのトイレタイム以外はノンストップで帰って来ました。

道路は除雪されていたものの、どれぐらい降ったかは一目瞭然でした。

自宅に着き、ワンズの運動場を見ると…


DSC_2153.jpg

何ですか~コレっ

ウィペットの背丈以上あるわぁ~~~~
取り合えず、ウィペット達が歩けるように、2~3本の通路を”堀り”ました。
まだまだ、8日までは雪が降るようで…

大雪の中、東京へ向かう事を心配してくれていた福井の友人…
帰って来てニュースを見てビックリ
富山どころの雪じゃない。。。
1m越えで自衛隊が災害派遣されたと…

きっと、除雪で大変な思いをしているだろうと…

雪国の皆さん、お疲れ様です。
何事もなくスムーズに東京往復出来て、高速除雪隊の皆様にも感謝…
24時間体制で除雪して下さってます。


リンリンは、明日検査をして、手術の必要がないようなら金曜に退院。
って事は、木曜にこちらを出発(笑)

手術になれば2週間の入院となるそうです。





では、行って来ま~す!!

2018年 02月05日 14:35 (月)

2018・2・5(Mon)

トーキョーへ向けて出発します
行先は日本獣医生命科学大学 動物医療センター

リンリンさん、明日検査入院の予定です。

昨夜から断続的な雪…
全く降り止んでくれません

DSC_2135.jpg





DSC_2138.jpg

今日は風がないので、樹々にもモッコリと雪が…


新潟・長野を抜けられるでしょうか
取り合えず、高速は動いているようなので、通行止めにならない内に通過しなければ





DSC_2137.jpg

今から車に乗せられるとも知らず、まったり気持ち良く寝てます(笑)


では、ゆっくり、気を付けて行って参ります。。。