FC2ブログ

10月 « 2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

難しい獣医さん選び…

2019年 11月20日 07:05 (水)

2019・11・20(Wed)


私のように田舎暮らし(富山)だと、なかなか高度なペット医療を行っている病院が近くにありません。

今まで、本当に遠くまで行きました。

・東京農工大学(東京・府中市)
・名古屋動物医療センター
・日本獣医生命科学大学(東京・武蔵野市)

循環器や整形外科では、日本でトップの獣医さん達を見て来ました。

まさに 『神の手』

運良く数年前に、県内で素晴らしい病院に出会え、今では余程のことがない限り、その病院での治療に満足しています。

ただ、噂が噂を呼んで、すごい人気
直近で予約を取るのは難しいし、予約なしで行くと3~4時間は待たなくてはいけません。
おまけに自宅から高速で1時間。

ワクチンやフィラリア薬などは市内の病院…と、使い分けています。

私の友人・知人達の中には、長く診てもらっている先生だから他の病院に行くのはちょっと…と義理立てする方々が多いです。
それは人の情としては正解です。
でも、その病院でなかなか良くならない…となれば、可哀想なのはペット達です。
地元の友人が、いままさにこの状態…

人だって、歯は歯医者、目なら眼科、怪我なら整形外科と、使い分けをしています。
獣医さんだって、得手・不得手があって、正直な先生は、それをポロっと口にされたりします。

大人数の獣医さんがいらっしゃる病院では、眼科が得意とかエキゾチックアニマルが得意とか、それぞれあります。
我が家のように、ハムスターやチンチラがいる家庭では、小動物を得意としている先生を指名して診てもらっています。



病院や担当医を変える勇気も必要です。



病院を変えたら、治療法や処方された薬が全然違って、嘘のように良くなったと言う話は意外にも多く耳にします。

長くお世話になってる先生に、他の病院に行くことをわざわざ告げなくても良いですし、そこは上手~く…ね(笑)

腹だたしいのは、自分のプライドや面子を守るために他の病院を紹介しない獣医さん…
治療が上手く行っていないのを分かってるくせに…
獣医さん同士って、どこの先生は何が得意だとか、ちゃんと知っているんです。
良い先生は、自分が治療に迷ったり行き詰まったりした時、大学病院の先生や専門医に意見を仰がれます。

MRI画像などは、専門医にメールで送信して診断を仰ぐことも十分可能なのです。

我が家の子を診てもらっている獣医さんは、ご本人も優秀なのに 『もし僕が診断に迷った場合は、専門医に画像を送って意見を聞こうと思います』 と、ハッキリ仰います。

ペット医療も日々進化していますから、常に勉強している獣医さんが私は好きです。
そこそこ患者が来るからと、現状にあぐらをかいているような獣医さんは好きではありません。


我が家のすずらんは、この富山でモタモタしていたら、生後間もなくから生涯3本足での生活を余儀なくされている所でした。
名古屋まで行って助かりました。

リンリンも東京まで行って、走れるようになりました。

田舎はね…都会のように優秀な獣医さんが集まっているわけではないから、飼い主がちゃんと考えないと命を落としたり不自由な生活を送らせることになってしまうのです。

これは、私一人が感じていることなので、これが正しいということではないですが、根本は愛犬達が少しでも健やかに過ごせるように飼い主もガンバロ~ってことだけです




画像がないと寂しいので、お久しぶり~なアルベルト画像を

1565405563361.jpg








過去ブログはこちら ↓ ↓ ↓
**ウィペットシンドローム**
★こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~★




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  
ランキングに参加しています!!!
ポチっと一票お願い致します(*^_^*)

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村




テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

殺処分 日本と世界の状況

2019年 11月19日 05:59 (火)

2019・11・19(Tue)



昨日は年に一度の、動物取扱業の義務研修でした。

毎年繰り返し動物愛護法の法令の講義のあと、専門家の講義があります。

今回は全国ペット協会・常務理事であり高崎動物専門学校・理事長でもある、野口哲氏の講義を受けました。

基本的には 『ペット小売業の現状等』 と言う議題でしたが、興味深いお話も聞くことが出来ました。

アメリカやヨーロッパでの犬・猫の殺処分の現状について…と言うものでした。


日本は、特にヨーロッパからは動物愛護と言う観点では余り良い印象を持たれていません。

その昔、犬を鎖で繋いで外飼いしていたこと、生体をペットショップのショウウィンドに展示して販売していること etc…

しかし、現在では室内飼いが主流になり、犬・猫の殺処分を極力減らそうと努力している日本…

さぞかし、海外では殺処分が少ないのでしょう…と思いきや…




全て1年間でのデータです。

<日本>
・保護数    犬 3万8千頭    猫 6万頭
・返 還     犬 1万2千頭    猫 300頭
・譲渡数    犬 1万8千頭    猫 2万6千頭
・殺処分    犬 8千頭       猫 3万4千頭



<アメリカ>
・シェルター数      3500
・シェルターへ収容   600万頭~800万頭(犬・猫合計)
・返還           30%前後
・譲渡           300万頭~400万頭(犬・猫合計) 
・殺処分         270万頭



<イギリス>
・保護団体へ収容        犬 9万頭~13万頭 猫 13万頭~16万頭
・保護施設での殺処分     犬 1万頭~1万3千頭  猫 1万7千頭~2万頭
・RSPCA施設での殺処分   犬 7千頭   猫1万4千頭  
 (RSPCA:英国王立動物虐待防止協会)



<ドイツ>
・ティアハイム(民間の動物保護団体)では基本的に殺処分をしてはならないと定めている
・治る見込みのない病気や怪我で苦しむ動物については、動物福祉の観点から安楽死が必須としている
・狩猟動物保護の目的で、野良犬・猫の駆除  犬 6万5千頭 猫 40万頭 にも及ぶとの指摘有り   (こちらは公式データは存在しない)






DSC_4449.jpg



ペット先進国の諸外国では、このような現状だそうですが、日本の努力は明らかに数字となって表れています。
(日本:2017データ  海外:6年~9年前のものも有り)

アメリカにおいては、人口・飼われているペットの絶対数が多い…にしても…

イギリスにおいては、人口が日本より少ない…


ドイツにおいては、保護されたペットと野良への待遇が違うようです。

駆除に関しては、公式データが存在しない これについては、ペット先進国としては、殺処分ではないとアピールするため…とも取れるのですが
野生化した犬は、もはや 『野生動物』 として扱い、日本で言う所の人里に下りて来たクマを駆除するのと同じ感覚なのでしょうか
それも、人の安全を守る為ならまだしも、狩猟動物の保護のためって…

世界各国にもブリーダー登録や業者登録制度があるようですが、アメリカのブリーダーの90%が無登録だそうです。
多分、ホビーブリーダーが多いのだと思われます。
それと、一般家庭でのブリーディングも相当数あるのではないでしょうか…



日本では、動物取扱業の認可を受けていなければペットの繁殖をしてはいけません。

たとえ、生まれた子犬や子猫を無償で譲る予定でも認められません。

他人に譲る場合は、有償・無償を問わず、動物取扱業の認可が必要です。

確か、交配を受ける場合でも必要だったと思います。

生まれた子犬・子猫を全て自分の家で終生飼う場合だけ、認可なく繁殖しても構いません。



交配の仲介をしているペットショップもあるようですが、書類的には名義貸しという抜け道を使っているだけです。








DSC_4450.jpg


動物取扱業の登録も年々厳しくなるようですし、マイクロチップ(MC)の義務化も迫って来ています。

マイクロチップは、まずはブリーダーが生まれた子犬に装着しなくてはいけません。
この時点で、MCにはブリーダー情報が登録されます。

ブリーダーから子犬を仕入れたペットショップは、その時点でMC情報の変更手続きをしなくてはなりません。

ブリーダーやペットショップから子犬を購入した飼い主は、その時点でMC情報の変更手続きをしなくてはなりません。

ブリーダーから直接購入しようと、ペットショップから購入しようと、MCを装着している場合、飼い主になった方はMC情報の変更手続きをしなければならないことになります。

MCを装着していないペットを入手された時や、義務化前から飼われているペットについては、飼い主にMC装着義務はなく、努力義務となっております。(ただし、MC情報の変更手続きは義務)

つまりは、ブリーダーやペットショップといった業者にはMC装着義務があり、飼い主には情報変更義務があると言うことです。

MC装着犬には、犬鑑札がなくなります。

施行日は3年以内となっています。






過去ブログはこちら ↓ ↓ ↓
**ウィペットシンドローム**
★こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~★




にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  
ランキングに参加しています!!!
ポチっと一票お願い致します(*^_^*)

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村







テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬の認知機能

2019年 09月13日 09:18 (金)


2019・9・13(Thu)

何だか難しいタイトルですが…

地元新聞で定期的にペット関連の記事が掲載されるのですが、昨日の記事がとても興味深かったので、ちょっと書いてみようと思います。






DSC_4214.jpg



京都大学准教授が、動物の心の中が知りたい
人の心理だけを研究しても、比較対象がなければ分からない…

こんな理由から、イヌを始め、サル・リス・ハトetcの心理を研究。



その結果、『イヌも感情で他者評価』 との結論に至ったそうです。





もっと簡単に言うと、

『イヌは飼い主に非協力的な人を嫌う』

と、いうことらしいです。




思い当たる節は数々あります。

非協力的な人を嫌う…というより、私が経験して感じたのは、私の愛犬達は、私が嫌いな人には攻撃的であった…

攻撃と言っても、噛みつくわけではなく、吠え方に敵意がある…と言えば良いのか…


この研究では、飼い主に協力した人と協力しなかった人の両方がおやつを差し出すと、決まって飼い主に協力していた人のおやつを食べたそうです。


また、イヌは 『初めまして』 の挨拶は交わすが、別れる際に 『バイバイ』 はしない…とも…

ヒトが、またしばらく会えないと言う未来を予想出来るのに対して、イヌは、しばらく会えないと言う未来を予想しないからだそうです。


時々、名残り惜しそうに振り返ったりするのは、単にまだ遊びたいという感情か、もしくは、群れで生活する習性ゆえ、相性が良い相手なら一緒に居たいと言う心理が作用して名残り惜しそうに見えるのかも知れませんね。


じゃあね、バイバイ、また今度ね…

イヌには、そんな感情はないと言うことです



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

アレルギーいろいろ…

2019年 08月22日 19:50 (木)


2019・8・22(Thu)

我が家、食物アレルギーの子もいれば、ワクチンアレルギーの子もいれば、目の周りにだけアレルギーが出て少々脱毛する子もいます。

食物アレルギーは、アレルギー用のフードを与えていれば何の問題もなく過ごせます。
ワクチンアレルギーは、ワクチン接種の20分ほど前にアレルギー予防の注射をしてから打つと問題はほぼないです。

目の周りの脱毛も、アレルギー用のフードを与えることによって解消出来ました。



しばらく前から、トラッカーが涙を出すようになり、昨日病院で診てもらいました。
目ヤニは全く出ていないし、目を痒がる様子も全くない…

キズがついていないかetc…
試験紙を使ったり、薬剤を点眼してブラックライトを当てたり、スクリーニング検査をしても目の問題ではなく、どうやらアレルギーらしいことが分かりました。

食物アレルギーの類ではなく 『環境中の何か』 にアレルギーを起こしている疑いが強いとのこと。

ステロイドを使うほどでもないようで、取りあえず1週間ほど抗ヒスタミン剤を投与して様子を見ることになりました。


看護師さんとも話していたのですが、今年の天候…
梅雨が明けても湿度が異常に高く、やはり細菌の増殖など、皮膚トラブル等の問題を起こしている子も多いらしい。

環境中の何か…
それは建築材を始め、カビの類、ハウスダスト、季節の花粉など様々…

建築材が問題なら、もっと早くにアレルギーが出ていたと思われます。
高湿度でのカビか

アトピー持ちの子供などでは、カビはダニ以上に悪影響だとも言われていますが…



食欲も旺盛で、元気いっぱいなトラッカー
愛犬の中では、病院に掛かることは殆どなかった数少ない子…

DSC_4048.jpg








DSC_4049.jpg

抗ヒスタミン剤が効いているようです。

アレルギーも多種多様…
3頭に1頭は何かしらのアレルギーを持っているとも言われる、現代のワンコ達…

皮膚アレルギーにはステロイドを使用しなくても、痒みだけをブロックする良い薬が出ています。

それぞれ適正な対処をして、少しでも快適に過ごせますように…



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

春の大仕事、一段落

2019年 04月14日 10:52 (日)

2019・4・14(Sun)


私は今、夢二の応援で東京のショー会場にいる予定です。

ブログって予約投稿と言うのが出来るから、空いてる時間にいくつもの記事を更新しておくことも可能…
便利、便利


さて、多頭飼いにとって春の大仕事と言えば、狂犬病の予防接種とフィラリア検査。

先週の土日で、ウィペットのすずらん・トラッカー・ジョニーの3頭を済ませ、昨日の土曜に大蔵と侘助が終了~

タイガーは抗がん剤投与中なので見合わせ、夢二は夏休みに帰省した時に狂犬病予防接種を受ける予定。

取りあえず、家にいる子で受けられる子は全て終了~



いつも、前日か前々日にシャンプーをしてから病院に行くので、やっぱり大仕事です(笑)


病院によって様々ですが、今期は暖冬だったから4月~11月の8回の投薬を薦めているいる病院と、通常通り5月~11月と言う病院があります。

・4月中旬~11月中旬
・5月末~11月末
・6月上旬~11月上旬

私が知っているだけでも、この3パターンの病院があります。

3番目の11月上旬が最後の投与と言うのは、個人的にはちょっと心配…


1回の注射で済んでしまうタイプも、かなり普及して来てるのかな







DSC_3597.jpg

とにかく、混み合う前に全頭終了出来て、後はのんび~り春の花でも楽しみながら過ごします








DSC_3553.jpg



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

薬のお話~整腸~

2019年 01月08日 06:46 (火)

2019・1・8(Tue)


下痢・軟便の原因が、特に病気ではなくフードが合わない・腸内環境が悪いってだけのことも多いのですが…
食物アレルギーを起こしている場合も多いです。


腸内環境が悪い=悪玉菌が増殖

悪玉菌が増える原因は様々ですが、ストレスや食事内容(油分が多い食事など)etc…

繊維質が足りない時も軟便になったりします。

最近は整腸作用のあるサプリメントも沢山出ていて、病院に行かないでも改善出来る場合もあります。
人間用のビオフェルミンSとか、我が家は以前 『強力わかもと』 が良く効いたこともありました。

でも、なかなか改善しない場合は、やはり抗生剤で悪玉菌を退治しないといけない事もあります。
この時、抗生剤だけ投与すると善玉菌も死んでしまうので、抗生剤+整腸剤をセットで投与します。

ただし、通常の整腸剤では抗生剤に負けてしまうので、抗生剤で悪玉菌を退治しつつ、耐抗生剤の整腸剤で善玉菌を増やす…を同時にやらなければいけないのです。

ビオフェルミンR
こちらは、抗生剤に耐性を持つ整腸剤です。

ビオフェルミンSが医薬部外品に対し、ビオフェルミンRは医薬品なので病院での処方になります。

軟便が良くならない時には、やはり病院に行きましょう

病院によって、抗生剤+整腸剤の種類は様々ですが、フラジール+ビオフェルミンRの組み合わせが良く効くことが多いですが、ジョニ男にはオフロキサシン+ビオイムバスターの組み合わせが良く効くのです。
体質によって効果にも違いがあって…

整腸作用のサプリメントは、一旦腸内環境を良くしてから与えた方が良いと、私は思うのです。

ワンコの健康は腸内環境と信じて疑わない 『💩フェチ』 な私…(笑)
イイ💩をしてくれないと気分が


怖いのは、下痢を繰り返すリンパ球形質細胞性腸炎(IBD)などの慢性腸炎です。
こちらは完治のない腸炎で、内視鏡検査(組織検査)をしないと判定できないです。
最近では、ウィペットにも発症例が増えて来ています。
これを発症すると、抗生剤+整腸剤に加え、ステロイド投与が重要になって来ます。

たかが軟便、されど軟便…




ホームセンターのペット

2018年 12月08日 08:48 (土)

2018・12・8(Sat)

こちら地方で割合い大きなホームセンター、最近ペット用品の売り場面積を増やし生体販売とトリミングも始めました。

知人からその事を聞いて、見に行って来ました。

子犬・子猫・小鳥・ウサギ・ハムスター・熱帯魚

子犬の展示ケースは壁面に設置されているのではなく、4面360℃が透明なクリアケース。

これって、落ち着かないですよね

壁面なら、お客さんは正面から見るだけですが、クリアケースだといろんな方向にいろんな物が見えてしまいます。

ペット用品が充実するのは嬉しいです

多分、ペット用品の売り上げが良いのだと思います。
だから、売り上げの悪い商品の売り場面積を削減して、売れ筋に力を入れ始めたように思います。

生体を展示したことで、今までにないお客さんの数でした。




DSC_3094.jpg

プレミアフードも増えていました。








DSC_3095.jpg

準療法食も取り扱い開始。








DSC_3096.jpg

観賞魚用品・小動物用品も種類が豊富になりました。



ホームセンターや、ショッピングモールのペットショップ、いつも疑問に思うのです。

閉店の夜7時ころから、翌朝の営業開始時間まで、生後2ヶ月前後の子犬達は無人のホームセンターに置きっ放しなのでしょうか?

これは、ホームセンターに限りませんが…





『ケージに入れられ…』 という言葉

2018年 10月11日 12:32 (木)

2018・10・11(Thu)

近年のブリーダー崩壊、飼育放棄などの新聞記事で目にする 『犬達はケージに入れられ…』 という言葉…
今日の地元新聞にも、この類の記事が出ていました。


車での移動や留守番時、ケージに入れることほど安全な事はなく、我が家でも車での移動時は必ずケージ、留守番時もサークルやケージに入れています。

それが、愛犬の安全を確保し、危険を極力回避する方法だと思っています。

災害時・緊急時・入院時など、大人しくケージに入っていられないと状況は大きく変わります。

それには日頃から、ケージに入る事に慣れさせておかないといけません。


我が家で以前、10歳にもなってある日突然、電気コードを噛んだ子がいました。
今まで危ない事をしなかったから大丈夫などとは、通用しません。
好奇心旺盛なペット達は、ある日突然何かに興味を惹かれてしまいます。


ブリーダー崩壊・飼育放棄などの記事で必ずと言って良いほど目にする 『ケージに入れられ…』 という言葉。
安全を考えてのケージ使用と、上記のような悪い意味でのケージ使用…
ケージに入れること自体が、まるで虐待のように受け取られ兼ねない…

この様なケースでこの言葉を目にするたびに、ケージ使用が悪い事だと言われてるようで残念な気持ちになる。


カウントダウン

2018年 08月30日 09:12 (木)

2018・8・30(Thu)

ダリアと夢二が我が家で過ごすのも、残り10日を切りました

来月8日・9日、新潟でショーが開催されるので、そちらの会場でダリアをお返し、夢二を預けることになっています。

夢二はこの2ヶ月、ダラダラ・グテ~っと過ごしていたのに、いきなり8日・9日にショーに出るらしい(笑)

ハンドラーさんの顔を見れば、ピシっとキメてくれるのでしょうか(笑)




アイドルだったダリアちゃん…
男3頭、ダリアちゃんの隣を取り合い

で、こうなる…


DSC00682.jpg

夢二くんは出遅れ、隣をGET出来ず
出遅れた1頭だけ、ダリアの隣の隣になってしまうのです(笑)








DSC00701.jpg

これまた、上手いこと、黒・茶・黒・茶と縞々になりましたね~(笑)



でも、残念ながら…
ダリアちゃんは、トラッカーとジョニ男のことが好きらしいよぉ~


DSC_2808.jpg








DSC_2812.jpg

そりゃ~そうよ
イケメンだし優しいし、ボディガードには申し分ないマッチョだし~(笑)


残り僅か、みんな楽しんでね




生き物の寿命

2018年 06月24日 09:35 (日)

2018・6・24(Sun)

ゴっちゃん、10年と11ヶ月で生涯を閉じてしまいました。
先にも書きましたが、ウィペットにしては短い寿命です。

ゴっちゃんの父犬は12歳5ヶ月、母犬は10歳10ヶ月、両親共に早めの死でした。

老衰の場合なら、ウィペットは通常14歳~16歳ぐらいが寿命かと思いますが、ある獣医さんが老化ほど個体差の大きいものはない…と仰っていました。

それまでの生活環境や運動量、食生活やストレス度、遺伝、いろんなものが老化に影響しているのだと思います。

先日、動物病院で18歳のダックスに出会いました。
痩せている訳でもなく、表情もしっかりしていて、年齢を聞いて感心してしまいましたが、ゴっちゃんとは倍近くも寿命が違うことになります。

基本的に小型犬の方が長生きではありますが、人とは持ってる臓器も同じ、発症する病気だって共通のものは数えきれないほどあり、ペット医療も日々進歩していると言うのに、どうしてワンコの寿命はこうも短いのでしょうね…

10年なんて、あっと言う間でした。

我が家には小鳥もいますが、小型インコでも平均寿命は15年以上、大型インコになると30年以上です。
インコの場合は、大型の方が長生きなんです。

謎に包まれたいたカラスの寿命…
10年~15年なんだそうです。

数が増えすぎないようにと、生き物の寿命は短めなんでしょうか
自然の摂理なのでしょね…

たった10年11ヶ月の内の1年半も闘病して、入院は3度…
残念な気持ちは尽きないけれど、ここらでゆっくり休ませてあげる時期だった…と思うしかない…。

実はまだ体調が良かった時、老犬3頭を連れて旅行に行こうかと思っていたのです。
3頭とは、リンリン・ゴっちゃん・タイガー
問題を抱えていた3頭です。

いろんな景色を見せてやろうと思っていたのです。

タイミングが合わず、ゴっちゃんの状態は悪くなり、タイガーは歩行に難が出て、結局実現しませんでした。
これが、とっても心残りなのです。

もう1回最初から、ゴっちゃんを育てたいな~と思ったりして、赤ちゃんだった時の動画を見たりしてます。





ゴっちゃんは、どうしてもママの背中で眠りたかった…
まだ目も開いていない、生後数日目の動画です。
ゴっちゃんが余りにも可愛くて、11年近く経っても一番お気に入りの動画です
生まれながらの生粋の甘えん坊