A D M I N
topimage

2017-10

ホリスティックケア - 2017.10.14 Sat

2017・10・14(Sat)

アレルギーの子、腸内環境が乱れやすい子、厄介な腸炎の子…
いろんな子を抱えています。

今も、改善のためにフードの見直しをしていたりしています。

最近は 『グレインフリー』 と言うタイプのフードも出て来ています。
その名の通り、穀物を一切使用していないフードです。

以前にも書きましたが、食物アレルギーのフードを与えていても、年月が流れると別の食物にアレルギー反応が出て、そのアレルギー食が合わなくなることも起こって来ます。

近年、米にアレルギーを起こす子が増えて来ているとのことです。

基本的にワンコは、穀物の消化が不得手です。
これは、ワンコは 『アミラーゼ』 と言う消化酵素を持ち合わせていないからです。

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎とは、少し原因が違ったりもするようです。
これは、痒がる場所が違うそうです。

耳や頭周り・目の周りを痒がる場合は、殆どが 『口から入る(吸い込む)』 ものが原因だそうです。
つまりは、食べ物・ホコリ・ダニ(布製品)・タバコの煙・花粉etc…

アトピー性皮膚炎の場合は、脇や内腿・お腹などに痒みが出るそうです。
重症になると全身に広がるのでしょうか?

フードが原因の場合はまだしも、ホコリやダニ(布製品)を完全に排除するのは厳しいです。
ハウスにベッドも置いてやれなくなるのです。
下手するとソファーの中綿までダメだそうで…

ですが、最近は良い薬が出ているようです。
ステロイドとはメカニズムが違い、痒みだけに効果を発揮する薬だそうです。
ステロイドも上手に使えば万能薬です。
でも、若い内から生涯ステロイドとお付き合いと言うのも出来れば避けたい。
その点、この痒みにだけ効果を発揮すると言う薬は、救世主かも知れませんね。

そんなこんなで、ちょっと勉強を始めてみることにしました。


DSC_1863.jpg

手作り食は、かなりの専門的・栄養学的知識が必要ですから否定派です。
それでも、この教本に興味があります。
何か良い情報が得られるかな~と期待

実は私、若干、通信講座オタク(笑)

日常的に忙しいので、ボチボチゆっくり勉強してみます。





過去ブログはこちら ↓ ↓ ↓
**ウィペットシンドローム**
★こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~★



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  
ランキングに参加しています!!!
ポチっと一票お願い致します(*^_^*)

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村





さじ加減 - 2017.10.13 Fri

2017・10・13(Fri)

リンパ球形質細胞性腸炎を患っているゴッドマンですが、まあいろんな事が起こっています

薬の影響もあって肝臓の数値も良くなく、日に日に薬が増えて行きます。

肝臓の数値が悪いので、本来なら低脂肪の療法食を与えるのがベストなのですが、何しろ腸炎の根底には食物アレルギーが関係しているため、低脂肪食を使えないのです。
今は出来るだけ、脂肪分の少ないアレルギー食と投薬で頑張っています。

一度、ステロイドを1ヶ月ほど中止してみたところ、脱毛が始まりステロイド復活…

そのステロイドを中止している間に甲状腺ホルモンの検査をした所、やはり低い数値が出てしまい、数日前から更に薬が増えました。




20171011130738_IMG_0444.jpg

こんなに沢山…

1日1回のもあれば、2回のものも。
1回に1錠のもあれば、1錠半、2錠のものもあります。




とにかく間違わないように、1週間分づつジッパー付きの小袋にセッティングして行きます。

DSC_1861.jpg

ペット用の薬って、特殊なものを除いては殆どが人間の薬です。
そして、体重によって投与量が決まっているものもありますが、症状によって、または症状の程度によって投与する分量が随分違うんです。

つまりは、その獣医師の 『さじ加減』 に委ねられています。
副作用が強く出ない、でも症状を緩和出来るだけのギリギリのとこ…


皮膚のバリア機能を上げる薬用シャンプーも併用し、脱毛もようやく落ち着きました。

薬用シャンプーの中には殺菌力が強く皮膚炎に効果を発揮するものが多いですが、それだけでは皮膚細胞が破壊されてバリア機能が低下してしまうことも…
そういう場合は、別途保湿剤を使わなくてはいけなかったり、いろいろと学びました。



こんなに大量の薬を飲んでいて、きっと辛いんだろうな…って、思われそうですが、実は本人、至って元気でご機嫌なんです

私にチョッカイ出して、からかって来ます(笑)
ピョンピョンしてます

リンパ球形質細胞性腸炎に完治はなく 『寛解』 と言う形で落ち着くようです。
でも再発を繰り返すことが多く、今後はずっとお付き合いを続けて行く事になります。



20171011131238_IMG_0464.jpg






過去ブログはこちら ↓ ↓ ↓
**ウィペットシンドローム**
★こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~★



にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  
ランキングに参加しています!!!
ポチっと一票お願い致します(*^_^*)

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村




ウェットティッシュでアレルギー??? - 2017.09.03 Sun

2017・9・3(Sun)

ある獣医さんに、最近お聞きした話ですが…

消臭スプレーやウェットティッシュでアレルギーを発症する事があるそうです。

え~
日常的にウェットティッシュを使ってますが~

我が家の場合は、ワンコの体をを拭くと言うのではなく、例のジョニ男のオシッコはみ出しの掃除に使ってます。
はみ出したオシッコはトイレシートで吸い取り、その後にウェットティッシュで床を拭いてました。
捨てるだけなので、楽だし衛生的だから…

消臭スプレーをかけたりウェットティッシュで拭いた床をワンコが舐めたり(口から体内に入ると)すると、アレルギーを起こす子がいるのだそうです。
アレルギーは少量でも反応しますから…

で、何が悪いのか?
それは、含まれている保湿剤や防腐剤(保存料)
獣医さん曰く、防腐剤が入ってなかったら、あんなに長い間カビも生えずに湿った状態が続くわけがないだそうです(笑)

これを聞いてウェットティッシュについて調べてみたところ、赤ちゃん用のウェットティッシュで皮膚が真っ赤になったり爛れたり、いろんな事が起こってるみたいです。

最近よく 『ノンアルコール』 と表記されてる商品がありますが、それとは別です。

ウェットティッシュに含まれているエチルパラベンやプロピルパラベン等は、目に入ると強い刺激になるようで、エチルパラベンに至っては目に重篤な損傷を引き起こすようです。

人は、ウェットティッシュで目を拭くことは少ないかと思われますが、ワンコの場合は目ヤニや涙ヤケを拭くのに使われてる方もいらっしゃるので、アレルギー云々とは別の意味で日常的に使うのは危険かも知れません。
外から帰ったら、足裏を拭くのに使われて方も多いですね~

愛犬が何にアレルギーを起こしているのか分からない場合は、疑ってみるのも良いかも。
簡単です。
1週間~10日程、使うのをやめてみれば良いのです。
それで、症状が軽減されるようであれば、その類いのモノは使わない方が良いそうです。

アレルギー持ちのワンコが増えていますが、アレルゲンも増えていると言うことです。
増えれば増えるほど、何を排除すれば良いか分からなくなります。

厄介です…アレルギー




ジアルジア 根絶法 - 2017.09.02 Sat

2017・9・2(Sat)

先日投稿したジアルジアについて、今回は根絶法です。
あくまで、私が成功した方法と言うことだけ前置きさせて頂きます。

塩素にも耐性があるジアルジア、低温にも強い…
そうなると、室内をどうやって消毒したら良いのか?ってなりますよね

ジアルジアに唯一効果を発揮をするのが、高温処理だと言われいます。
かと言って、ソファーや室内の床一面に熱湯をぶっ掛けるわけにはいきません(笑)

最初の頃は、ヤカンで沸かした熱湯を使って床を雑巾掛けしました。
手袋を3重にしても熱さが伝わって来て、手の平が真っ赤になりました。
ササっと拭くだけではダメなのです。
1ヶ所に数秒間押し当ててシストをやっつけて行くのです。

気の遠くなる作業でした。

私は忘れていました…
我が家に高温スムーチクリーナーがあることを

通販で購入して、さほど使わず屋根裏収納に眠っていたスチームクリーナーを(笑)

スチームとなって外に出て来る頃には温度が下がっているのではないかと疑っていました。
そこで、温度計で計測してみたところ、大変優秀なスチームでして90℃以上ありました。
これで、室内の高温処理は少し楽になりました。

床だけでなく、ワンコが触れるところを全て高温処理。
乾燥状態を保つこともシスト根絶には重要で、根絶が確認出来るまで3週間ぐらいはエアコンを除湿で入れっぱなしで過ごしました。

高温処理している間は、当然ワンコはハウス。
高温処理が終わると、ワンコを1頭づつシャンプーし体表に付着しているであろうシストを洗い流します。
すぐにハウスも高温処理し、使っているマット・毛布類も全て洗濯し良く良く乾燥させます。
これを週1回の割合で行いました。

この一連の作業を同日中に行わなければ、どこかに残っているシストが再感染するのです。

勿論、ウンチの処理にも注意し、万が一ウンチが床にはみ出したりしたら、そこだけ高温処理。

ワンコが多ければ多いほど、作業は大変です。

投薬治療と、こんな作業を同時に進めながら完全に根絶させることに成功したのです。



家族10で1スチームモップスチームクリーナー床カーペット蒸気スイーパー汽船エクスプレス船真空クリーナ

これは、我が家と同型のスチームクリーナーです。
ソファーやハウスの細かいものには、ハンディに取り換え隅々まで高温処理出来ます。

いろんなメーカーからいろんなタイプのものが出ています。
温度が明確に記載されているものを選ぶと良いと思います。






次回はジアルジアの治療薬についてです。

これにも少々難題がございます。





一人残されたワンコ - 2017.08.09 Wed

2017・8・9(Wed)

もう何年も前になりますが、長年お世話になっている美容院の先生からプードルが欲しいと頼まれ、当時お付き合いのあった東京のブリーダーさんから譲って頂きました。
それがD君。

その後、遊び相手にもう1頭欲しいとの事で同じブリーダーさんから、再度お譲り頂きました。
それがP君。

D君は、数年前に天国に旅立ってしまいましたが、P君はまだ元気に暮らしています。

昨年6月、ワンコ達をとても可愛がっていらしたご主人が亡くなり、P君は先生と二人暮らしになりました。

P君は、先立ったD君以外、他のワンコが全く苦手な子でしたが、不思議なことに我が家の侘助とは楽しそうに遊ぶので先生も驚かれていたんです。

また遊びに連れて来て~って

その先生が、土曜に急逝されてしまいました。
6月半ばまで元気にお仕事をされていたのに…

P君は独りぼっちになってしまいました。

市内に息子さんがいらっしゃるので、今後は息子さんと暮らすことになると思われるP君。

時々、飼い主さんが亡くなられてボランティアによって里親募集をされているワンコを見聞きしますが、こんな身近で起きてしまいました。
息子さんが近くにいらしたのでP君はまだ良い方だと思いますが、飼い主さんはやはり先生ご夫妻であり、寂しい思いをしていると思います。

突然ママが居なくなってしまって、きっと先生が帰って来るのを毎日待っているんでしょうね…

不憫です。

先生は70代の入り口でしたが、私達ぐらいの40代・50代で死なないとは言えないし、何が何でも愛犬を全頭見送るまで元気でいようと改めて思った次第です。


DSC_1272.jpg

今現在、我が家で一番若いジョニ男、まだ2歳半です。

まだまだ元気で頑張れ、私





ジアルジア - 2017.07.24 Mon

2017・7・24(Mon)

ジアルジアってご存知ですか?
腸内寄生虫の一つです。

このジアルジア、以前我が家にも入りました。(犬舎ではございません)
感染経路は不明ですが、可能性は様々です。

ドッグラン・公園・ワンコのイベント会場・ペットショップ・ブリーダーetc
普通に道路を散歩していたって、そこに感染したワンコが排泄したウンティが放置されてたりすれば、路上だって感染源になり得ます。

回虫は良くご存知だとは思いますが、そんなの比にならない

ジアルジアを根絶しようと思えば、とてつもない労力と覚悟が必要です。

我が家は当時、獣医師も驚くほどの短期間で完全根絶に成功しました。

ちょっと、当時の事を思い出したので、書いてみたいと思います。

ジアルジアが何故、大変なのか

・顕微鏡では感染を断定出来ず、ジアルジア専用の検査キットで陰性or陽性を判定するしかない。
・感染力が非常に強く、多頭飼いの場合は問答無用で全頭治療が必要。
・生命力が非常に強く、シストは悪環境でも長く生き延びる。
・塩素系の消毒薬にすら耐性を持っており、室内に広がったシストを根絶するには困難を極める。
・万が一、人がジアルジアに感染すると保健所に届け出ることが義務付けられている。
  (但し、犬のジアルジアが人に感染するかどうかは分かっていないらしい)
・通常の駆虫薬投与では効果がない。

などなど…

とにかく、治療法(治療薬)もいくつかありますが、ごく一般的な治療法だと60%~70%しか落ちず、根絶に至らない場合が多く、上手く犬の体内から根絶しても室内に広がったシストを根絶出来ずに再感染を繰り返す場合が殆どだとのこと。

体力のある成犬であれば、体外に排出され、いずれ自然治癒すると言う説もある。

子犬の場合は、下痢・軟便・強い便臭が続き、食欲不振等を始め成育障害も出る。

成犬の場合は特に何の症状もない事が多く、感染に気付かない場合が殆ど。
なので、特に治療が必要かと言うと、そうとも言い切れない。

ただ、感染した成犬がいる家庭に新しく子犬が迎えられた場合には、その子犬は感染し上記のような症状が出ます。

当然、一般的な健康診断や検便では見つかりませんから、健診受けてるから大丈夫
ではないと言うことです。

検査キットは 『スナップジアルジア』 と言う名称です。
常備している病院の方が少ないかも知れません。

検査を受けてみたいなら、事前に取り寄せを頼んでおくと良いです。

多頭飼いの場合、感染していれば全頭感染しているし、感染していなければ全頭感染していない…
ですから、どの子か代表で1頭だけ検査を受ければOKです。

1回、4500円~5000円ぐらい掛かります。





つづく…

理解不能 - 2017.07.16 Sun

2017・7・16(Sun)

私には理解不能なのです。

ブリーダーをやってた事もあり、ワンコの病気にも精通していると思われがちで良く相談を受けます。

愛犬がこうこう、こういう状態になるのだけど、何なのだろう?

一つの症状でも疑わしい病気は沢山あるので、これっとハッキリした事は分かりませんが、明らかに早急に検査を受けた方が良いと思われる相談もあるのです。

田舎ではCTやMRI等の検査を受けられる病院は限られているので、近くの病院ではお話しにならない…

こちらだと、車で1時間ほどの病院まで行けば、CTを受けられる病院が3つほど、MRIに至っては1つしかありません。

それをお伝えし、検査を勧めます。

何ヶ月かして、どうだった?と訊いてみると、まだ行ってない…。
遠いもん。

とか、

検査する時、麻酔掛けないといけないから何だか怖くて検査受けてない。

とか。

私は検査を受けない方が怖いですがね

忘れてはいけません。

動物はきちんとした検査を受けようと思えば、麻酔は必須。



で、その方々が口を揃えて言う言葉が、

『今度またなったら検査受ける』

とか、

『もっと酷くなったら病院連れて行く』

とか。


こちらはワンコに一番良い方法だと思って、真剣に答えてるんです。

もう二度と私に相談しないで下さい。


もっと酷くなったら病院に連れて行く…って…

全くもって、理解不能

結局、アドバイスを聞かないくせにまた相談して来たりする

一度聞かなかった人には、もう二度とアドバイスはしないと決めた私です。


そういう人達って、手遅れになった時、後悔するんでしょうかね

自分で病院に行けないペット達。

生かすも殺すも飼い主次第だと痛感するこの頃…




昨日、まじまじとリンリンを見つめていた二女が、呟いた…

『ペット医療の進歩って、凄いんやね…』

リンリンの身に起こった出来事を、間近で見ていた娘の言葉…


DSC_1666.jpg





坂上忍さんに共感 - 2017.07.11 Tue

2017・7・11(Sue)

先日の 『志村どうぶつ園』 で坂上忍さんが、保護施設からワンコを引き取られましたね。

とても可哀想なワンコでした。
狩猟用のワナに掛かり、前足1本を失っている上に体内には沢山の散弾銃の弾丸が残っていました。

これが末っ子、最後の子だと言われていました。
これに共感してしまいました。

自身の年齢と、ワンコのおおよその寿命を計算すると、どこかで線を引かなければいけません。
我が家のように8頭もワンコがいると、いま、私に何かあるとどうしよう
ついつい、そう考えます。

そうは言ってもワンコ大好き人間は、頭では分かっていてもなかなかワンコなしの生活は出来ないものですよ~

60歳になったら、もう新たにワンコは迎えない
今はそう思っていても、60歳になった時に至って元気だったら?
新しいワンコを迎えない自信はございません(笑)

でも、坂上忍さんの今の気持ちには、もの凄く共感出来るのです。
それが、ワンコを飼う者の責任だと思いますから…

我が家で一番若いジョニ男が年老いた時、私も還暦を迎える頃でしょうから…





DSC_1586.jpg





ワンコに適した水 - 2017.07.09 Sun

2017・7・9(Sun)

少々、長文になりますが興味がお有りなら、どうぞお付き合い下さい。

こちら地方、3000m級の北アルプスからの豊富な雪解け水のお陰で、名水100選になっている水が蛇口を捻ると出て来ると言う恵まれた環境です。

そうは言っても水道水の場合は当然カルキが入っています。

地下水を引いている家庭も多いので、その場合は正真正銘、蛇口を捻ると名水が出て来ます

我が家は家の中は水道水で、外回りは地下水です。
地下水の場合は電気温水器の保証が効かないと言われ、仕方なく水道水にしたのです。

ワンコも水道水を飲んでいます。

ワンコが少々面倒な腸炎になったので、出来るだけ良い水を飲ませてみようかと思い立ち、いろいろ調べてみました。
調べれば調べるほど、混乱して来ます(笑)

・カルキが入っている方が、体内に入った細菌を殺菌してくれるから良い。
  これには、少々疑問。

・カルキの入った水は全くダメ。
  当然、人体には悪影響を及ぼす分量ではないですが…

・出来るだけミネラル成分の低い軟水が良く、硬水はダメ。
  これは、後ほど詳しく。

・純粋(ピュアウォーター)が良い。
  これも、後ほど詳しく。

まあ、いろんな意見が出ておりました。

人と違いワンコの場合、生きてく上で必要な水分のほぼ100%を飼い主から与えられた飲み水に頼っているわけです。
 (ドライフードがメインの場合)

実際に人の方は、喉が渇いたからと水道水ばかり飲むことは少なく、ワンコほどはカルキを摂取しないと思われます。

ミネラル成分の多い硬水は、日本ではワンコの飲み水には適さないと言うのが常識になっています。
これは、ミネラル成分が多い水だと結石症になり易いと言う理由で、獣医さんも同じくそうおっしゃいます。
でも、面白いデータがあるみたいですよ。

アメリカでは、多くのワンコが日常的に硬水を飲んでいるそうですが、日本のワンコより結石症の発症率が低いと言うのです。

理由として挙げられているのは、結石症の原因は遺伝的・体質的、それと日本でのワンコの飼い方に問題があるのではないか?と言うのです。
飼い方…?

日本では散歩時までオシッコを我慢していたり、飼い主の留守中はケージやサークル等に入れられ、これまたオシッコを我慢してしまうワンコが多いためでは?と。

飲みたい時に新鮮な水をタップリ飲んで、我慢しないで好きな時にオシッコが出来る環境下であれば、ミネラル成分多少に拘らず結石症にはなりにくい…と言う説。

体内にミネラルを含んだオシッコを長時間溜めないで、ドンドン排出すれば結石症にはならない…?
何となく…納得。

言われてみれば、日本のワンコは膀胱炎になったりしますもんね



最後の純水(ピュアウォーター)についてです。
流行ってますね純水
純度の高い水…つまり不純物のない水…つまりミネラル成分ゼロ。

これは人が飲んだ場合の記事でしたが、ワンコも同じだと思います。
純水は溶解度が高く、体内に保持しているミネラル成分を溶かし出してしまうそうで、要するに洗浄力がもの凄く高い
何でも洗い流してしまう。
飲み続けていると体内のミネラル成分をどんどん溶解し、体を壊すそうです。
良いと思って飲んでいる純水…飲み続ければ 『毒の水』 となってしまうそうです。

*『純水』で検索すると、その記事が出て来ます。
ちなみに、殺菌やカルキ抜きの為に一度沸騰させて冷ました 『さゆ』 も良くないと掲載されております。

純水・さゆに関する記事


こうなると、純水は候補から外れます。
と言うより、日常的に与えるのはやめた方が良い。
日本の水は殆どが軟水なので、あえて硬水を選ぶ必要もなく…
硬水も候補から外れます。


市販の天然水か水道水で良いんじゃない?
ただ、正直言って我が家の水道水のミネラル含有量は知らないです(笑)
でも、軟水である事は間違いない。

カルキの含有量は水質や地域で違うのか?ってこともあります。
水道水の場合は、少なくとも水そのものが良い水である事が前提かと思います。

結論としては、結石症が心配なら市販の天然水で一番ミネラル成分が少ないものを選ぶ。
市販の天然水と水道水、地域の事情や時と場合で使い分ければ良いのかな?と思います。
(アルカリイオン水は、ミネラル成分の高いものが多いです)





長々とお付き合い、ありがとうございました


**おまけ**

DSC_1660.jpg




こんなウォーターサーバーがあるんですよ~
市販の2Lペットボトルをそのままセット出来るんです。
その時々で水の銘柄を変えられますし、短期間で使いきれるので鮮度も良く保てて便利です

注)一般的なキャップのサイズしか合いません





既往歴が付く前に… - 2017.07.05 Wed

2017・7・5(Wed)

病院通い続きの2017年…

ゴッドマンの下痢から始まり、タイガー&リンリンのウォブラー症候群による頸椎ヘルニア、リンリンの下痢etc…

リンリンとゴッドマンは内視鏡検査の結果 『リンパ球・形質細胞性腸炎』 と判明、現在も投薬治療が続いておりますが、リンリンはかなり良くなりましたが、ゴッドマンは出来れば止めたい薬を使わなければ下痢を繰り返す状態で、一時は肝臓の数値が非常に悪い状態でした。
2週間ごとの血液検査で、毎回数値が良くなって来ているのと食欲がすごく出て来ているので、ちょっと安心…



お金の話になって、いやらしいですが、1月1日~7月4日までに掛かったペット医療費、

実に、¥1,343,529-  (ワクチン・フィラリア薬・コルセット等を含む8頭分)

MRI検査2頭、内視鏡検査2頭、でも一番はリンリンの東京での大手術が大きな出費となっているので、このビックリするような金額は今年だけでしょう…多分…

保険に入ってなかったの

一時は入っていましたが、既往歴があると保険対象外の疾病が多数設定されてしまうので、バカバカしくて全て解約してしまいました。

以前にも書きましたが、食物アレルギー持ちのすずらんなんて、胃腸疾患全てが保険対象外なのです。

おまけに、獣医師の治療ミスで二次的に起こったパテラなのに、それもアウト

病気などした事がないダックスの大蔵なんて、5歳になった途端に掛け金が大幅UP
あんなに小さくて、おまけに保険使ってないのに損した気分(笑)

保険に加入されている方の中には、病気を経験し、その時に医療費が嵩んだから保険に入ろうかなと思われた方もいらっしゃるはずです。

でも、既往歴が付いてからでは遅いのです

保険会社は出来るだけ保険金を払いたくないのですから、加入時に既に経験している病気に対しては繰り返す恐れがあるので保険対象外としてしまうのです。

ですから、保険加入を考えるなら病気をしてからではなく、是非とも既往歴が付く前に





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Welcome

Counter

~Since 2005~

Profile

chiaki

Author:chiaki
**英国からやって来たウィペット達とドッグショー**
そんな『ウィペットシンドローム』な私がスムースダックスと異種交流…
「こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~」ってね♪

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています!
ポチっと!一票お願い致します(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村

My web site