A D M I N
topimage

2017-10

元気ですよ、ゴっちゃん - 2017.07.12 Wed

2017・7・12(Wed)

一時はご飯が食べられなくて、もう長くは持たないんじゃないかと、心のどこかで覚悟を決めた時が嘘のように元気です、ゴっちゃん






DSC_1653.jpg


肝臓の数値が悪く、アレルギー用のフードを一旦止めて低脂肪の処方食にしてからは検査の度に数値が良くなり…
何より、ご飯をいっぱい食べてくれるのです

骨と皮だけのようになっていたボディは日に日にふっくらとして来て、元の体重に戻る日も近いと思われます。

御年10歳、ウィペットが病気であそこまで痩せるとなかなか元に戻らないことが多いのですが、頑張っています。

難題の下痢の方は、相変わらず薬で止めている状態ですが、本人は至ってご機嫌麗しゅうございます(笑)





悪性腫瘍???とヒヤリ… すずらん編 - 2017.07.08 Sat

2017・7・8・(Sat)


そして、すずらん。
家でそっと触ったら少し出血したのですが、先生が触っても出血…

何だか取れそうだから、取っても良いかと聞かれ取ってもらいました。

先生、そのモノを良く良く眺めて…





『かさぶた』みたいですね~






大爆笑な診察でした(笑)

でもね~
早期発見、早期治療がワンコ本人にとっても苦痛が少ないし、それで命を長らえることも出来るのだから、疑わしい時はまず病院

家に帰り、家族に報告すると…

どれどれ~、『かさぶた』 と言う名の腫瘍の痕はどれぇ~とニヤニヤしながらオッパイを見る(爆)




DSC_1656.jpg

アタイ、往復2時間もハイエースに揺られ、2時間も待たされ、かさぶた取られて~
お母さんの、バカ~~~~~っ





と、言ってます(笑)

何事もなく、良かった良かった~





悪性腫瘍???とヒヤリ… - 2017.07.06 Thu

2017・7・6(Thu)

先日のこと、トラッカーの左背部の毛がピっと立ち上がっている…
デキモノかな?
触ってみると皮下に小さなデキモノがあるみたい…
キズで皮膚が硬くなって盛り上がっているのかな?
良く分からん
まあ、しばらく様子を見よう

忘れていた頃に、そのモノは大きく赤くなって体表に現れた

イヤ~な感じ…
表面を良く見るとツルツルした感じではなく、カリフラワー状…
腫瘍であることは間違いなさそうだけど、形状が悪性の肥満細胞腫に似ている
仕事の段取りをつけて、2~3日中に病院に行こう

そう思っていた矢先、すずらんのオッパイの横に黒い小さなデキモノ…
デキモノにもいろいろあるけど、赤いモノと黒いモノはヤバい事が多い。
リンリンも3年前に乳腺腫瘍(良性)を切除しているし…

トラとすずらんを連れてすぐに病院に行きました。

トラはやはり、ヤバい可能性を否定出来ないので、その場で細胞を取って細胞診を…

結果は良性の腫瘍で、心配要らないと。
直径が15mmほどあり、ドーム型に盛り上がっていたので切除かと思いきや、自然に体内に吸収されて行くので何もしなくて良いとの事で良かった~良かった~




DSC_1655.jpg

舐めたか噛んだか、診察時より少し潰れた感じ…
完全に吸収され治るまでに、4ヶ月ほど要する場合もあるそうです。





DSC_1651.jpg

至って元気に遊んでおります
おもちゃに夢中で、私には見向きもしない…





つづく…




面白い…ジョニ男くん - 2017.06.10 Sat

2017・6・10(Sat)



DSC_1592.jpg

頭落ち…から~の…









DSC_1599.jpg

全体落ち(笑)






面白いわ~この子





リンリン、調子は上々!! - 2017.05.26 Fri

2017・5・26(Fri)

気持ちが沈むことばかりではありません。

先月、日獣で術後初めての検診を受け、順調であることは確認出来たリンリンですが…

ご機嫌が良いのです(笑)








ご覧の通り、ジョニ男が走り出すと一緒になって走るのですよ~

別の意味で心配(笑)
勢いがついていれば、万が一転倒や衝突をすれば打撃が大きい…
テンションが上がり過ぎないよう注意しながら、それでも嬉しそうしているので可能な範囲で好きなようにさせています。

あの時…
せめて立ち上がって自分で排泄だけでも出来れば上等な~んて思ってましたが、上等以上

歩いてる様子を見ると、歩けるようになってホントに良かったな~って、毎日思います。
それを、当たり前だとは思えないのです。

8頭もいれば、いろんなことがあって、年を取ればいろんな不調が出て、本当に一喜一憂…


人間もそうですが、ある特定の手術を得意としていらっしゃる先生は、成功率が高いのは勿論ですが、施術が正確なので予後が順調ですね…






ゴッドマン 入院 - 2017.05.25 Thu

2017・5・25(Thu)

昨日はリンリンとゴッドマンの診察日でした。

診察日に合わせたかのように、ゴッドマンが朝から血尿
予約は夕方でしたが、尿を採取して午前中の内に病院へ…

膀胱炎でした。
多分、薬の影響もあるとは思うのですが、ここ数日はほとんどご飯を食べられない状態でしたから免疫力も落ちていたのでしょう…

一つの仮説…
現在までは錠剤の薬を飲んでいたのですが、それが腸内で上手く吸収出来ずに流れてしまっているのでは?と言うこと。
本来なら、ステロイドの投与は効果覿面なハズ…

それで今回入院して、点滴による薬の投与を試してみることに。

予定では1週間ほどの入院です。
薬が効いてご飯も食べられるようになると良いのですが…

先生がゴッドマンの状況に、ショックだって…
ウィペットって、痩せて筋肉が落ちると痛々しく見えますから
獣医さんにとっても、最善の治療を選択していても思うように良くなってくれないことはショックなのでしょうね。

こちらの病院、家からは遠いのですが、必要最小限の検査しかしないしMRI検査も一般的な費用の半分以下。
薬もお安くて助かっています。
費用が高いからと検査や長期の治療に、二の足を踏む飼い主さんも多いのかも知れません。
そういう検査も少しでも多くの飼い主さんが躊躇せずに受けられるよう、お安く設定されてるのではないかと思います。
犠牲になるのはワンコですから。。。

フィラリア薬も、ワンシーズン分をまとめて買うと1ヶ月分が無料になる
ありがた〜い(笑)

201705250833472f6.jpg

去年の今頃…
筋肉もしっかり、良い体してました。
早くこんな風に、元気になりますように…






オオカミ少年 ゴッドマン - 2017.05.23 Tue

2017・5・23(Tue)

先の記事にも書いた通り、もよおして来ると鳴いて知らせるゴッドマン…

お利口です

薬の影響で水も沢山飲むので、ウンティがしたくなった時だけじゃなく、オチッコがしたくなっても鳴くようになって来ました。

それが、ここ数日…
鳴いてばかりいます

急いで外に出してやると、ご機嫌で尻尾を振って私にまとわり付く…

???

そう、ただの甘え鳴き

鳴くと飛んで来てくれると学習し、甘えているのです(笑)

夜中も外に出してやり、5分もしない内に鳴き出す…

でも本当にウンティやオチッコがしたいのかもと、せっせと外に出してやる私…

もはや、慢性腸炎の子と慢性寝不足の人間との攻防戦

本当にもよおして来てる声と、甘えの声を聴き分けなくては寝れないのです(笑)

段々、分かってきましたよ~

明日は病院の日。
食欲が全く戻らないので、薬の相談もしなければいけないし、最近はオチッコの出が悪いのも気になる…






リンパ球形質細胞性腸炎 ~ゴッドマン~ - 2017.05.22 Mon

2017・5・22(Mon)

介護や闘病生活の事を綴るのは余り好きではないですが、こういう病気もウィペットには増えて来ている…と言う症例として書きたいと思います。

リンリンが日獣で手術をする事になった同じころ、同胎であるゴッドマンが下痢を起こしました。
常備している下痢止めと整腸剤を飲ませると、下痢は治まりました。

2月に入り、また下痢が始まりました。
食欲は旺盛、落ち葉を食べたせいで消化不良を起こしたかな~と、再度下痢止めと整腸剤を飲ませました。
下痢はすぐに止まりましたが、念のため整腸剤だけ4~5日続けました。

しばらくして、また下痢…
これは、おかしい…

便を持って近くの病院を行ったところ、悪玉菌が増えて腸内フローラが乱れているとのこと。
抗生剤、下痢止め、整腸剤を処方して頂きました。
すっかり調子を取り戻したゴッドマン

と、思っていたら…
抗生剤をやめてしばらくすると、また下痢…
また病院へ走る…
診断は同じ…
投薬…
良くなる…
を、繰り返す始末

残念ながらそちらの病院では薬を変える事も、もっと突っ込んだ検査の提案もなかったので、高速で1時間の病院へ転院…

血液検査の結果、肝臓の数値は少し悪いものの何かしら治療をするほどの数値ではなく…
ゴッドマンは食物アレルギーなので、もしかしたら現在まで食べていたアレルギー食が合わなくなっている可能性があり、まずは別のアレルギー食へ変更。
腸内で増殖していた芽胞菌を殺す抗生剤と、その抗生剤に負けない整腸剤も同時に投与して善玉菌を増やすことに。
薬をやめて、また下痢を繰り返すようなら内視鏡検査をする事にしました。

しばらくして内視鏡検査をして病理検査の結果、リンパ球形質細胞性腸炎との診断が下りました。
但し、悪性リンパ腫の病変は認められないとのことで、現段階では癌じゃないです。

ステロイドが良く効くとの事で、しばらくは抗生剤と整腸剤も併用しながら様子見をしました。
2週間後、ステロイドを減らしてみたところ、また下痢…
なので、元の薬の量に増やしましたが下痢が止まらず…
ステロイド増量に加え、弱い抗がん剤を飲ませる事になりました。

が、それでも抗生剤をやめると下痢…
その抗生剤は長期間投与すると副作用も大きいので、下痢が起こった時だけ飲ませるようにしてコントロールしています。

薬の影響で膿皮症も起こり、これ以上は薬を増やせないので、そちらの方は薬用シャンプーで4~5日に1度のペースで洗って対処しています。
お陰様で脱毛も広がらず、落ち着いている状態です。

難しく言えばいろんな腸炎がある訳ですが、一括りで言えば慢性腸炎です。

友達のウィペットも慢性腸炎で大変でした。

もよおしてくると鳴いて知らせるので、夜中でも朝方でも時間構わず外に出してやらないといけなくて、随分キツいです

仕事から帰って来るとハウスを汚している事もしばしば。


数日前からまた下痢を繰り返しています。
食欲が落ち、目に見えて痩せ、弱りが見え始めて来ました。

効くはずの薬が効かない…
下痢が始まる度に心が折れる…
もう4ヶ月も下痢と闘っている…

リンパ球形質細胞性腸炎の原因は、様々あるようですが食物アレルギーも原因の一つ…
フードが合わなくなっていても、すぐに下痢や嘔吐をするとは限らず、体内でくすぶっている内に潰瘍になったりと厄介です。

以前、すずらんも食物アレルギーがくすぶっていて、食欲が落ちて来た頃には胃潰瘍になっていたと言うことがありました。

アレルギー用のフードを与えているから大丈夫と言うことはなく、銘柄によっては合わなくなることもあるのだと、今回また勉強…






目線… - 2017.05.21 Sun

2017・5・21(Sun)

ジョニ男とくっついて寝てるゴッドマン…

IMG_0093.jpg








目線が面白い(笑)

20170521111503044.jpg






通院 - 2017.05.15 Mon

2017・5・15(Mon)

リンリンとタイガーが頚椎ヘルニアを発症した事は以前に書きましたが…

タイガーはナックリングが出る程度の軽レベルで、普段は副作用の少ない神経系の薬を飲んでいます。
今後は、ナックリングが酷くなったり転倒が増えて来ればステロイドでコントロールする予定。
当初、2~3週間だけステロイドを飲ませました。
今はステロイドを止めてから3ヶ月ほど経ちましたが、転倒もなく安定しています。
これだけの期間をステロイドなしで維持出来るならバンバンです
月に1度の通院です。


リンリンはご存知の通り、四肢不全麻痺に陥り東京の日本獣医生命科学大学で手術を受け、復活した訳ですが…
術後3ヶ月の検診に行って参りましたが、6本のインプラント(細いボルト)は緩みもなく安定、骨セメントも崩壊等がなく問題なし。
神経も、退院時よりは確実に回復。
頚椎ヘルニアに関しては、何の薬も飲んでおりません。

良かった、良かった

ようやく、隔離生活が解禁になりました
が、他の子との衝突や転倒等で強い衝撃が加わると、インプラントの折れや骨セメントの割れ・砕けが生じる恐れがあるため、監視が必須

それでも、ストレスが減ったリンリンは少し穏やかな表情になりました。

心配は尽きないですが、まずは一安心






丁度リンリンが手術を受ける事になった頃、侘助のハンドラーさんの知人の方のウィペットも頚椎ヘルニアで手術したとお聞きし、フェイスブックでお友達になってる方のウィペットも頚椎ヘルニアの疑いがあるのだとお聞きし、タイガーが月に1度通院している病院でも頚椎ヘルニアのウィペットに出会い…

増えて来ましたね〜
サイトハウンドの頚椎ヘルニア

多分…
ヘルニアに気付かずに過ごしている場合も多いかと…
ナックリングでも出ない限り、気が付かないかも知れません。
それも、タイガーのように若いのにナックリングが出ればと思うのですが、高齢の子だと足腰が弱っておぼつかなくなって来たな〜って勝手に判断してしまうと思うのです。

レントゲンで診断がつけば早期発見も可能ですが、それが出来ませんからね

私がウィペットを飼い始めた頃より、格段にウィペットの数が増えて来ています。
ここ15年ほど、年間のウィペットの登録数は350頭前後です。
単純計算しても、15年間に5,250頭のウィペットが新たに飼われ始めたと言う事です。
段々、いろんな病気の症例も表立って出て来ています。

数が少ない時は、遺伝疾患や病気の少ない犬種の代表格でした。
残念ながら最近では、そうも言ってられなくなりました。
絶対数が増えれば当然の事ですが…

頚椎ヘルニアに関して言えば、体型的問題が大きいようです。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Welcome

Counter

~Since 2005~

Profile

chiaki

Author:chiaki
**英国からやって来たウィペット達とドッグショー**
そんな『ウィペットシンドローム』な私がスムースダックスと異種交流…
「こら~ッ!!だいぞぉぉぉ~~~」ってね♪

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています!
ポチっと!一票お願い致します(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村

My web site