FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

Wでショック!!

2019年 01月10日 06:08 (木)

2019・1・10(Thu)


昨日、侘助の口の中の検査に合わせて、タイガーも診てもらいました。

侘助は、しばらく前から硬いフードが噛めなくなり診察を受けましたが、やはり麻酔を掛けて奥の奥まで隅々まで見てみる必要があるとのことで検査予約を入れていました。

結果、4本もの歯を抜くこととなりました。

原因は、奥歯が歯茎に当たり潰瘍になり、周辺の歯肉や歯根にも悪影響(ばい菌が入った可能性)を与えたようです。
グラグラになっていた歯もあったそうです。
人間で言うところの 『親知らず』 的 な不具合いらしいです。

日頃、歯磨きもこまめにやって歯の健康に努めていたのに、とてもショックでショックでなりません。
若くて健康な子の歯を抜かなければならなかった事実に、心が砕けました。

でも侘助は、痛みから解放され楽になったはずですし、これで思いっきりフードもカリカリと美味しく食べられます。
そう思って、気持ちを切り替えよう
でも、当分立ち直れません…



DSC_3074.jpg






そしてタイガー…

やはり悪性リンパ腫です。
病理検査の結果はまだですが、十中八九間違いないだろうとのこと。

私が触って分かる腫瘍、それだけではなく、院長先生が触診すると他のリンパ節にも腫れが出ていました。
12月上旬にシャンプーした時は、触っても何もなかったのに、ひとたび表に出て来るとみるみる大きくなって来る腫瘍…

昨日、そのまま預けて1回目の抗がん剤投与をして頂きました。

予想通りではありましたが、ゴッドマン・リンリンに続き間のない今、院長先生も

『せっかく歩けるようになったのに、これはショックです…』と…


また悪性リンパ腫との闘いの日々が始まります。
Wでショックな1日でした。


3B1A8324.jpg






侘助の件は、長く犬を飼って来ましたが初めての経験でした。
出来れば経験したくなかったですが、いずれ同様のことが起きれば今回より早く気付いてやれるはず…

またひとつ、嬉しくない経験を積んでしまいました。

何十頭も所有しているブリーダーでもないのに、どうしてこうも次から次へと…家の子ばかりが…

何の心配もなく、ただ愛犬と穏やかに暮らせる日が、私には訪れるのでしょうか…





コメントの投稿

非公開コメント

お見舞い申し上げます

2019年01月10日 10:48

1年前、我が家のウィペットの膝に出来たイボに悪性の疑いがあり、手術で除去しました。
幸い良性腫瘍でしたが、結果が出る迄の1週間、起きている間は涙が止まりませんでした。
良性と判ったのにもかかわらず体調が回復するのにひと月要しました。
立て続けの介護で、どうかお身体だけはお大事にされて下さい。

出水 さま

2019年01月10日 18:07

こんにちは。
私もデキモノには敏感になっています。
赤いモノ・黒いモノ、危険度が高いです。
女の子なら乳腺腫瘍も多いですし、男の子なら校門周囲線種も多いですね…
短毛で良かった…それだけは思います。
自分の健康管理にも気を配りつつ、治療を頑張ります!!
お気遣い、ありがとうございます。